ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

菅内閣の分かり過ぎる崩壊


青山繁晴 11月10日1/2
青山繁晴 11月10日2/2
防衛省 余那国に陸自100人配備 対中警戒を強化

青山さんの話は全くもって正論で筋が通る。
神戸第5管区海保の43歳の主任航海士が自ら名乗り出た。
まだ捜査中の段階であるが、中国人船長を釈放して、彼を逮捕したら間違い無く
菅政権はオダブツであろう。さらには複数の関係者が絡んでいるとも感じるし、背後で
うごめくイヤな予感もする。陸上自衛隊の余那国島の「沿岸監視隊」配備は遅過ぎたが、
APECの中での中国へのメッセージとしては第1段階であり、ビデオ全編公開は第2段階で
あると思う。この時期に民主党の自衛隊予算案削減がまかり通る様な事になれば、なおさら
菅政権崩壊は秒読みで、仙谷は関係者を処罰したから首脳会議ぜひお願いしますよと中国に
早く言いたいワケで、いずれにしろ菅内閣は「お前はもう死んでいる」という事です。
次の内閣を見据えなければならない。
智も無く、仁も無く、勇も無い。知人勇揃った新生日本の内閣ができる夜明けを夢見よう。
この件に対する仙谷官房長官や菅総理の答弁は誰が見ても国民の目線と大きくズレている。
何故日本はここまでコケにされなければならないのであろうか。
一生懸命やっても報われない国である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-11-12 20:45 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/12256971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。