ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

悪の枢軸が瞬時に入れ替わる情報戦

イラン 首都の2カ所で爆弾テロ 核科学者一人が死亡

イラン当局が言う様に、普通に考えればモサドとCIAの仕業だろう。
「オートバイに乗った男が被害者らの乗っていた車に爆弾を取りつけて爆発させたという」
マット・デイモン主演の「ボーン・アルティメイタム」さながらの犯行である。
ウィキリークスによってサウジの国王がイラン攻撃をアメリカに要請した公文書が暴露されたが、
市民レベルにおいてイランとサウジの関係はそれほど険悪ではない。サウジアラビアのメッカには
世界中のイスラム教徒が巡礼にやって来る。イランからは毎年100万人以上がメッカに来ると言う。
サウジアラビアはアラブの中でもっとも親米である。イスラエルはアメリカ右派と一蓮托生である
が、他にも利害関係が一致或は親米派は中東諸国では、イラク、アフガニスタン、UAE、エジプト、
オマーン、カタール、トルコ、バーレーン、ヨルダン、レバノン、リビアなどである。
2002年ブッシュが悪の枢軸と言った北朝鮮・イラク・イランの3ヶ国に加え、2008年イスラエル
の首相オルメルトが、シリアの反米組織ヒズボラ、パレスチナのハマスを同じく悪の枢軸と言った。
今年1月ハマスの軍事部門創設者の一人がUAEのドバイで殺害され、モサドの関与が濃厚だと言われる。
この悪の枢軸の中で北朝鮮とイランとシリア以外は親米政権に変貌させられていった。
反米国家は中東ではイランとシリア2ヶ国しかないが、中東全体でみれば親米政権に抵抗する反体制
勢力は分散し力を増しており、いつ親米が崩れてもおかしくない状況で、米国が指定する反イスラエ
ル・反米テロ組織はそれこそ無数にある。テロリストからすれば諸悪の根源は米国とイスラエルであ
る。イスラエルの強みは如何にアメリカが巨大であろうとその弱点を知っているからで、
小国イスラエルがアメリカの言う事を大人しく聞かなくても、アメリカは手を打てないでいる。
ウィキリークスのイスラエル関係の情報流出が求められる。
そのアサンジ氏がインターポールから追われているが、
ウィキリークス創設者アサンジ氏、ICPOが国際指名手配
この別件容疑はウィキリークス潰しの一環に過ぎないと感じる。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-12-01 21:27 | 世界情勢