ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

大義と国益の狭間で

韓国新国防相「挑発には断固反撃」戦闘拡大は慎重

韓国世論は同胞ゆえ戦闘拡大は望んでいないので、李明博大統領も苦しいかもしれないが、
核兵器が完成するまでに引導を渡さないと、取り返しがつかない事になるかもしれない。

【オピニオン】中国、「悪の枢軸」に加担

北朝鮮に軽水炉と核開発の技術供与をしたとされるスイスのエンジニアリングメーカーABB社は
2000年にイギリスの核燃料公社(British Nuclear Fuels Limited)に、原子力事業を売却した。
売却した当時、ABBの役員であったとされるラムズフェルドは実業界から政界に復帰、2001年から
ブッシュ政権で国防長官に返り咲いた(フォード政権の時の国防長官から25年ぶりである)。
BNFLは1999年に買収したアメリカのウェスティングハウス社にABBを吸収合併。
2006年にBNFLは原子力部門のウェスティングハウスを東芝に売却した。
英国と北朝鮮は2000年に国交樹立をしたが、北朝鮮の核開発、ラムズフェルド国防長官、スイス、
キム・ジョンウン(スイスに留学)、南北砲撃戦は同じライン上にあるかもしれない。
ウォールストリートジャーナルは、北朝鮮の現在の核能力は、中国の支援なしではあり得ないと
述べている。6ヶ国協議における中国の言動からすればそうだろうが、アメリカも同じ穴のムジナ
だろう。北に軽水炉供給を約束したのは1994年の米朝枠組み合意で北を信じたクリントン政権で
ある。米朝合意で軽水炉入札が開かれたが、この軽水炉供給に関しては当時多くの人が反対して
いたと言われる。にも関わらずラムズフェルドの強引なロビー活動でABB社が取ったと言われる。
94年の合意で、北が保有する原発の黒鉛減速炉をストップして核兵器開発を断念する代わりに、
当事国が発電用軽水炉を供与するという取り決めが米国主導で行われた。
最初の1号基は2003年までに稼働させる合意であったが、金日成の急死その他の要因で工期は
大幅に遅れた。更に北は軽水炉建設の査察受け入れを保留し、2002年北はウラン濃縮計画を暴露
して2003年にNPTから脱退し、日米韓の朝鮮半島エネルギー開発機構(Korean peninsula Energy
Development Organization, KEDO)も2005年に解散した。
それまで北とアメリカを信じて原油や建設費を負担した日韓はバカを見る事になった。
つまり北が保有する原子炉は、ロシアから技術供与されたプルトニウムを抽出しやすい黒鉛減速炉
であり、濃縮ウラン計画再開と合わせて、発電用原子炉では無くてウラン濃縮型とプルトニウム型の
核兵器開発の為の施設である。そして北に供給される筈だった韓国標準型原子炉はスイスABB社の
技術提携によるものである。種蒔きはいつも戦勝国で、その尻拭いを敗戦国がするハメになる。
同じクリントンでも奥さんの方は今回違う対応の様です。

【主張】日米韓外相会談 連携して対中圧力強化を
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-12-08 21:16 | 世界情勢 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/12463524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-12-09 10:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyou-syun-u at 2010-12-09 21:04
初めまして!aunttさん。gyou-syun-u(堯舜禹)と申します。九州出身の日本人ですw
ブログ拝見させて頂きました。行者の方なんですね。同じエキサイトブログですねー。
私は関東総壇の明悟天壇の壇主で、形式上所属してますが現在は活動してません。
2年程前までは護摩や集会にも時々参加してましたが、現在は接触を絶っております。
理由は現在の弥勒寺の方向性と御聖訓のインパクトの無さに幻滅したからです。
弥勒寺は2012年に今の地球は終わると宣言しております。
30年以上前に得道して12年程前に天壇を持ち、仕事の関係もあって付かず離れずの関係を
続けて来ましたが、現在は事実上の脱退状態ですね。
御承知の様に私のブログ上で天道は一つのカテゴリーで、現在は世界情勢がメインになって
ます。天道を語らずして天道を語るのが究極の目標です。
しかし道脈図解は本当に興味深いですよね。私は「道脈の研究」の中の道脈図解の解説しか
知りませんが、私家版の道脈図解もあるんですね。
今後とも宜しくお願い致します!
Commented at 2010-12-10 11:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-12-10 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyou-syun-u at 2010-12-10 21:16
aunttさん
私が得道した時は道乱の前で、周さんと宮下周平天才の時代でした。
今は「ザ・ユニバース」の山口修源との縁で得道しました。
修源氏は自分の天道を歩んでおられるようですね。
道乱の時、私は離れていたので後で道乱を知った次第ですが、特に道乱で天道観が
変わったという事はありませんでした。私にとっては組織上の天道よりも内面的な天道の方が
遥かに重要だと感じていたからで、今もそれは変わりません。
山崎天才は徐さんに反旗を翻した機守の方でしょうか?それとも写真集に載った方でしょうか。
ずーと組織にいたわけではないので、何人かの機守は知ってますが名前とお顔が一致する自信は
ございませんw
三木点伝師が道脈図抄疏を出されたんですね。
ぜひ、一度拝見させて下さい。本アドの方に私のメルアド送ります。
弥勒寺の情報は、白陽ネットから毎日配信される御聖訓や記事を購読しております。
とりあえず情報収集のために読んでます。
Commented at 2010-12-10 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyou-syun-u at 2010-12-10 22:50
道乱前後の話は関東総壇の内部資料や、10月までやってました2chの天道スレで知りましたが、
現在の徐体制は理解不能な所が大いにあると感じます。個々が熟成されてないままに
意図的な力で洗脳されてる様な感覚を憶えます。
いつか本当の天道が復活すると信じてますが.....私も現世利益の天道なんぞ興味はありません。
とりあえず初心に帰って道脈図解を紐解きたいと思います。
かな〜り時間がかかると思いますけどねw
Commented at 2010-12-10 23:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyou-syun-u at 2010-12-10 23:26
天道から特定の国籍を排除した道の根本原理を追求したいですね。
今後とも宜しくです!