ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

加藤現象と我々の目に映る一党独裁国家

師走で何かと忙しい日々が続いております。昨日は忘年会でした。今年も大晦日迄仕事です。
残り10日で、光陰矢の如し。時の経つのはホンマに早い......
sengoku38氏の処分が「停職」に決まりました。既に本人は辞職届を出してますが。
うちの会社に採用したいと言う声も結構あったようで、いずれ民間の会社で働く事でしょう。
彼の行動は国家公務員法に違反する事は事実であるが、この出来事で多くの日本国民のスイッチが
入った事は間違い無くて、民主党の対中政策のスタンスを公にしてダメージを与えた。
もうすぐ民主党は崩壊するだろうが、彼がやらなくても他の誰かが行動していたかもしれない。
武器を使わなくても、インターネットで政権をひっくり返す事が可能な時代になった。

加藤現象

まだ若いのに凄いと思いますね。中国国内で討論番組に出て日中問題を語る。
伊豆の高校を出た時は中国語は全く喋れなかったと言うが、数年でここまでなるのか。
中国ウオッチャーとして相性が良いと言うか、そういう宿命だったのだろう。
中国のコラムニストで作家でもあるそうですが、面白い。
日本にもこういう若者が沢山出て来て欲しいですね。

北朝鮮、IAEAの核査察を受け入れへ 識者こうみる

報復するという口が乾かない内に、リチャードソン知事が訪朝したからと言って、
180度方向転換するワケがないのだから、信用度はゼロである。言ってる事も意味不明。
安保理は中国の反対によって、北朝鮮非難声明を発表できなかったが、
毎度毎度同じ事の繰り返しで世界は無駄な時間と金を費やす。
中国は韓国に対して、先日の衝突事件での賠償を請求したが、言ってる事がムチャクチャであり、
最近の中国は我が国の民主党と同じくブレまくりである。日本の新防衛大綱が効いてると思う。
朝鮮有事の際は米韓が短期で勝負をかけるから、難民が中国に押し寄せる。そのタイミングで
少数民族の火種が起きると中国もさすがにやばい。国際社会の仲間入りを果たしたと自負する
中国はむやみに武力制圧はできない。日本の潜水艦増強は正解であると思う。
[PR]
by gyou-syun-u | 2010-12-21 21:30 | 世界情勢