ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

秋葉原歩行者天国再開

歩行者天国 2年余ぶりに再開

2008年6月8日に事件発生。当時のブログでも書きましたが、秋葉原は私の勤める会社から
歩いても15分くらいの場所で、中央通りはよく通る道であります。プライベートで秋葉原を詮索
する事は最近は殆んどなくなった。昔と違い家電製品が量販店に一極集中され、わざわざ秋葉原に
足を運ぶ必要がなくなったからである。それでもマニアックな部品やメイド喫茶やそれに類する
オタク系の店舗は健在で、仕事で路地を通る度に何だかわからない恰好をした「お姉さん」が声を
掛けて来る。2年ほど前、中年の3人連れでメイドカフェに入った。単なる好奇心で3人ともロリコン
の趣味はないが、大都会の一角にこういう空間があっても罪ではないだろうと思考停止で楽しんだ。
中央通りが歩行者天国になると自由に歩けるから、信号でモチベーションを下げられる事もない。
これは意外と重要で、今この瞬間前に進みたいと言う時に遮るモノが無いと言うのはありがたい。
路上パフォーマンスは禁止だそうだが、あそこのパフォーマンスはえげつない。
事件当時、携帯で写真を撮る野次馬が非難を浴びた。当時よりもゲーム脳が拡大し、ゲームの中では
簡単に人を殺す事もできる。バーチャルなら罪に問われる事もない。だから実際に自分の肉体から
鮮血が迸ったり骨が砕けると言う衝撃を生身で経験しないと、どうしても他人事になってしまう。
それ以前に、面倒な事には関わり合いたく無いという風潮が主流になってきたと感じる。
例えばの話だが、電車の中で他人がMプレーヤーで大音量の音漏れやってたり、携帯で話してたり
する時、注意するよりも、車両を移ったり自分もイヤホンつけて外部の音をシャットアウトする
という具合である。こんな事に自分の念を使いたく無いという心境だと思う。
私も最近はイヤホン派である。イヤホン付けなかった時は車内で新聞をパリパリ折る音が気になって
たのだが、満員電車でよく新聞なんか読める気になるなあと思う。昔は通勤時に本を読んでたが、
今はすぐ眠くなってしまう。かなり疲れが溜まってるのだろうと自分でも思う。
ストレスで人を殺すとは最低の人間であるが、実行しなくても実行予備軍はかなりの数に
上るだろう。そのストレスを解消させるため、メーカーが出しまくる機器やアプリ。
楽しく自由にストレスを封じ込めるツールであるが、そのMPや携帯で周りが迷惑し更にストレスの
輪が広がっていく。飽食しながら胃腸薬を飲み続けるようなものであるが、余計なモノを捨てていく
生活は中々難しいものがありますね。書き忘れましたが猫カフェは一度行ってみたいですね....
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-01-23 21:00 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/12746571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。