ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

束の間の日韓ノーサイド

日本サッカーの英雄になった李忠成、「私の姓はLEE」
サッカー:韓国各紙、決勝ゴールの李を称賛 日本の英雄に

アジア杯で決勝ゴールを決めた、在日4世の李忠成選手が韓国でも話題になっているそうで、
マスコミはともかく韓国ネチズンの一部はやっかみもあるようだ。李選手は在日4世で韓国語は
上手く喋れないと本人も語っており、帰化して日本人になっているのだから通名を使えば良いが、
本人のアイデンティティが「李」を選んだのだろう。こういう若者が日韓友好の架け橋となる事を
願ってやまない。ついでに言えば帰化した人には参政権を与えれば良い。
何かにつけ歪み合う日本人と韓国人だが、一人の在日の青年のひと蹴りでノーサイドを突きつけた。
在日朝鮮人が6割を占めるヤクザを擁護する気は全く無いが、在日の人達は日本人からも朝鮮人から
も差別を受けて来たのは事実であり、好きで在日に生まれて来たんじゃないんだから。
日本人も欧米人から蔑視され、日本人同士でも差別感情があり、部落問題は日本の恥部でもある。
金と力があれば差別した人間を見返す事ができるのは本当であり、だから拝金主義は世界に蔓延
した。日本の芸能界や宗教そして政治も経済も在日の力は大きい。
個人的には中国人や韓国人の意味ない日本叩きや恨み節に対し怒りを感じるのであるが、
それは相手がそういう類いの人間、あるいは国家である場合だ。
手を差し伸べた相手に唾を吐きかけられると大抵人間はへこむだろう。そこで道を外れなければ
いつかは光明が差すと思うが、李選手の場合はアジア杯決勝戦がその時だったのだろう。
李選手が今後レギュラーポジションを勝ち取るかどうかは分からないが、選手の一人一人が
個々の バックボーンを背負い、それをエネルギー(と言うより気力か)に換えていったら、
ザッケローニ監督の言う団結力もどんどん増していくだろう。
そんな事より資生堂CMのICONIQが李選手の彼女とは知らなんだ.....
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-01-31 21:14 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/12792921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。