ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

大相撲春場所中止


大相撲春場所中止へ=八百長問題で方針-6日に理事会

随分昔から週刊誌で相撲の八百長は取り上げられて来たが、相撲協会や大手マスコミやNHKは
黙殺して来た。夕方NHKで相撲を唯一の楽しみで見るおじいちゃんやおばあちゃんの夢を壊すのも
何だが、芸能の興行はヤクザとは切っても切れない縁があり、タニマチには極道関係者と人脈を持つ
輩が多いのだし(これは昔の人の方が知ってるだろうが)、現在でも巨額の金が右から左に動くのか
分からないが、過去横綱クラスの八百長疑惑が週刊誌をを賑わし、朝青龍もその波に呑まれた。
こづかい稼ぎ程度の賭け事というレベルよりも、復元されたメールでその一部始終が明らかに
なった。物証が出れば言い訳を考えなければならない日本相撲協会。
財団法人として存亡の危機まで逝くのか。
本当に十両幕内クラスだけなのか。現在はやってなくても持ちかけられたとか、過去にはやった
とか絶対あると思う。3人以外は八百長に関与してないという特別調査委員会が会見したが、
正直に言える話ではないだろう。口裏を合わせているのである。
完全に公になれば、相撲協会から極道から後援会までの濁流が公になって、日本を震撼させるから
である。そして極道と言えば山口組を実質仕切る愛知県名古屋市に本部を置く弘道会。
週間ポストで横綱北の富士の八百長を告発していた元関脇・高鉄山と同じく後援者の橋本、
両氏が、同じ日、愛知県の同じ病院で亡くなった(表向きは病死)。
プロレスや格闘技は昔からショービジネスと分かっていながらもそれを楽しむ事ができる。
しかし、相撲は国技でショーとは無縁のガチだという先入観があるから、ラウンド制ではない立ち
合いの瞬間に皆酔う。酔った時は真実は見えない、ヤクザは人の弱みにつけ込む事に長ける。
大手マスコミが裏事情を知っていながらズブズブの関係で書けない事も、週刊誌ならある程度まで
突っ込む事もできるが、命も大事にして下さい。警察がどこまで本気で逝くのかに尽きる。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-02-05 23:51 | 国内情勢・世相