ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

墜落政権


内閣総辞職や解散・総選挙の可能性を否定=枝野官房長官
民主会派離脱届組が独自拠点 執行部の説得不調

枝野氏が本気で言っているとは思えない。
残り2年半の任期など悪夢以外のなにものでもないだろう。
菅総理は多くの国民の支持を失っているにも関わらず、その座にしがみつき更なる政治空白を
作っている。民主党執行部は小沢排除の極みとして党員資格停止という方針を決めたが
小沢氏自身が一兵卒で頑張ると言っても誰も小沢氏の事を一兵卒とは思っておらず、野党も分かって
いながら一兵卒も処分できない民主党執行部と煽った。民主党が政権を取った時点でこうなる事は
誰もが予想していた事であり、4年間続けるなど悪い冗談である。
極左が政権をとれば外交がまずおかしくなる。全共闘の仙谷内閣は自民党の利権談合政治とは
また違って、根本的な思想のズレが浮き彫りになり恐らく本人も自覚していないのではないか。
仙谷氏の言う「理解できない」と国民が感じる「理解できない」は相当なズレがある。
野党時代にはオブラードに包まれた言動も、一言が即公になる執行部ともなればその発言の
異様さが突出してしまう。北朝鮮や韓国・中国・ロシアはおろかシーシェパードにまでコケに
され、何の手も打つ事ができない日本政府に国民は落胆しているのであるが、中国韓国に常に頭を
垂れる稲穂みたいな仙谷内閣で前原外務大臣だけが一人浮いているように映る。
外交は武力を使わない戦争であるが、その武の心を一切否定してどんな外交ができるのか。
解散総選挙は避けられない状況になって来たが、小沢氏に近い議員16名の会派離脱で予算案成立が
できないならもう本当にアウトでしょう。墜落スレスレの超低空飛行で失速寸前なのにそれを
認めようとはしない、潔く無い人間性と見えてしまう。

救難信号発信船を攻撃しつづけたSSを世界は忘れるな
捕鯨中止「遺憾を通り越して怒り」と枝野官房長官
豪・NZ、日本に捕鯨全面中止求める 今季打ち切り「歓迎」

鯨なんぞ食べない私であるが、少なくとも国際条約に基づいてやってる日本の調査捕鯨である。
いつもながら日本の新聞は他人事のようであるが、公海上でも海賊対処法を適用できる様に法整備を
急いで頂きたい。枝野氏も改憲派ならやるべきだろう。環境ヤクザを利用する豪・NZも情けないが、
日本とのTPP合意はほど遠いだろう。シーシェパードがオーストラリア政府の対日外交カードだ
なんて、あまり日本人を舐めない方が良い(笑)。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-02-18 21:00 | 国内情勢・世相