ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

前原外相 辞意

前原外相、辞任を示唆 首相は慰留、在日外国人献金(1/2ページ)
菅政権、対応誤れば致命傷…前原外相に辞任圧力
前原外相が辞意=外国人献金で引責-菅政権に深刻な打撃

政治資金規正法というザル法を持ち出してまで前原降ろしを仕掛けたのは.......
前原さんも京大法学部卒で一兵卒じゃあないんだから、外国人から献金を受け取る事が政治資金
規正法違反である事は承知だと思うが、その幼なじみの在日のおばあちゃんが献金していた事に
気が付かなかったと言う。事務所は献金された4年間まったくチェックしてなかったのか。
金額の多い少ないは民主党叩きにとって関係ない。永田議員のメール問題といい脇が甘いと言われて
も仕方がないと思うが、いつもこれからという時にオカシクなっちゃう。
更にこの件よりもヤバイのは蓮舫議員や野田議員と共に後藤組系のフロント企業から献金を受けていた
という話である。週刊誌が報じているが大マスコミがここを突っ込むかどうかは分からない。
前原さんが外相を辞任する事でマスコミも蓋をしてしまうかもしれない。
後藤組に限らず闇社会と政治家との繋がりは何も民主党に限ったことではないからだ。
先々週、元後藤組組長・後藤忠政の「憚りながら」(宝島社)を読んだが、「今の政治家には腹の
据わった政治家が少ない。昔の政治家は会っただけで、ヤクザの大親分でも「お見逸しました」と
言うぐらいの迫力と貫禄があった。指のない人間に会ったくらいで目を白黒させちゃいけない」と
後藤が会ったある2世議員にそう話したそうである。
ヤクザから見ても国を預かるリーダーシップがある人間や器の大きい人間はわかるのだろう。
後藤は2008年に引退して2009年に得度。
後藤組はかっては山口組の武闘派集団で映画監督伊丹十三襲撃事件、創価学会との攻防や
山口組と一和会との抗争、糸山英太郎襲撃事件など.....後藤自身は1993年朝日新聞東京本社で拳銃
自殺した右翼の野村秋介とは深い親交があり葬儀一切を仕切ったそうである。
後藤が肝臓移植の為に、日本の警察に一番目をつけられているにも関わらず渡米できたのは、本人
曰く「日米両国でたくさんの人達が汗をかいてくれたおかげだ」としか言えないと述べている。
2008年、ワシントン・ポスト紙に「後藤組長がUCLAに多額の寄付をした」と記事を書かれ、
FBIとの司法取引の話もあるが後藤氏は売国奴ではない。
CIAは日本の暴力団と政治家の関係等とっくに承知であると思われる。
前原さんは親米でありながら外国人参政権には肯定的であるが、今回の問題でそのワケも見える。
今の日本で在日の知人がいるという事は別段珍しい事ではない。有名人や芸能人はおろか起業家にも
その数は多い。民主党と北朝鮮や韓国との関係を分かり易くまな板の上に上げた形となったが、
これで菅総理も続投するとは思えないからもう既に「お前はもう死んでいる」状態の民主党です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-06 21:05 | 国内情勢・世相