ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

原発もろとも日本国衰退沈没認定はまっぴらごめん

主要国の電源別発電電力量の構成比
検査停止中なのに4号機なぜ爆発 5・6号機も「温度上昇中」の深刻
福島4号機の燃料プールで爆発 2号機も格納容器に損傷 放射性物資が漏出か

この構成表を見ると日本国内で使用する電気の約24%を原子力発電が担っており、
石炭や石油とほぼ同じ割合ですね。
東電は廃炉覚悟で海水をいれたのだから使えなくなる。
福島原発6機全てが使えなくなると、6機合計の出力が約469,6万kWが無くなり、日本の原発総出力
4884,7万kWの約9%が使えなくなる計算です。全体からすれば更に低くなるがそれでも標準家庭の
1日で消費する電力量が10kWと言われるからで約47万世帯分の電力が失われる事になる。
今回の震災による避難者39万人(13日)以上をまかなえる電力量であります。
トヨタの工場等はひとつで一般家庭2万世帯分の電力を消費するから、製造業各社の操業一時停止は
原発停止で失った分を少しでもを補おうとする英断と思いましたが部品供給の遅れでした。
電気は石油と違って備蓄できないので、供給ができなければ使う量を減らすしかない。
特に自動車工場はラインが一日止まると莫大な損失が出るが、首都圏一斉停電になるよりはマシ。
今回の事故で(まだ収束したわけではありませんが)新型原子炉の追加計画も進まなくなると思い
ますが、このまま電力が需要を満たす事ができないとしたら、永遠に計画停電は続く事になります。
今回を上回る超巨大地震や首都圏直下型大地震が想定される現在において、もはや原子力を作ると
いう事は国策として無理がある。ならば削減しかないですね。
新しい技術による省エネルギー国家へと脱却する時期なのかもしれません。
温顔化防止策としての世界的な原発推進の空気が今回の地震事故で乱されたと原発カルテルの
連中や東電の幹部は感じているかもしれませんが、原子力利権の末路が今なのかもしれません。
そうではないと東京電力が言うのであれば、社長はじめ幹部は現場で陣頭指揮を取るべきでしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-15 21:17 | 国内情勢・世相