ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

日本の福島原発が核爆発を起こす事はない

今日は私の区(第3グループ)が18:20〜22:00まで計画停電の予定なのでブログを休むつもり
でしたが、まだ停電が来ない。しかし節電を粛々と受け入れる事で日本人の総意を見せよう。
現場で必死で作業している180人の人達や被災者に較べれば私なんか天国にいるのと同じである。
今日休憩中に携帯見てたら1000ミリシーベルトと見て目を疑ったがやっぱり誤報でしたね。
福島原発事故について4号機の火災から各国の見方も厳しくなりました。

仏政府「深刻だが、破局ではない」 原発爆発(3月12日)
福島の原発事故はレベル5か6の可能性、米スリーマイル島事故に匹敵か=仏当局(3月15日)
NYタイムズ、CNNは「メルトダウン」警戒(3月13日)

フランスは当初深刻だが破局ではないと言っていたが、15日の爆発で見方を変えたようです。
フランス大使館は東京に用の無いフランス人は帰国するか南に行く様に勧告した.....
ニューヨークタイムズはメルトダウンという言葉は適切ではなく、日本が言う様に燃料棒の一部
損傷であると言い、ロシアは日本はうまくコントロールしていると3日前は述べてましたが.....
菅総理や枝野官房長官はほとんど寝てないと思うが精神状態は大丈夫であろうか...特に菅総理。
枝野官房長官が1000マイクロシーベルトを1000ミリシーベルトと言い間違えてネットで騒がれ
ましたが、枝野官房長官もかなり疲れている様子が伺えます。

福島原発事故 簡潔で正確な解説

これはマサチューセッツ工科大学の技術者のブログを日本の学生さんが翻訳した文章です。
4日前の文章なのでその後の福島原発の状況について改訂もありますが基本的には大丈夫であると....
専門的な事が数多く述べてありますが、興味のある人はぜひお読み下さい。
訳者も言ってますが冷静に考える事が大切で、いたずらにパニックに陥らないことであります。
だからといってこの記事が正しくて安心という意味ではありませんが。
Dr.Josef Oehmen氏
「今までそしてこれからも深刻な放射能物質の漏洩は決して起こらない。深刻なという意味は
 長距離フライトや自然放射能レベルが高い特定の地域で栽培された麦で作られたビールを
 飲むときに受けることになる放射能レベルという意味だ。」

昨日福島第一原発3号機の放射性濃度が最高で400ミリシーベルトを検出した。
作業員の被曝限度の国際基準が500ミリシーベルト。 1000ミリシーベルトで嘔吐。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-16 21:56 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13147213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。