ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

恐怖の報酬 日当40万円


メシ最悪、雑魚寝、被曝…原発作業員「日当40万円」の過酷労働
福島第1原発:作業員、厳しい環境 食事2回、夜は雑魚寝

昔、油田の火災を消火するためにトラックでニトログリセリンを命がけで運ぶ「恐怖の報酬」という
映画がありました。高額な報酬を目当てに色んな男達が集まり4人が選ばれた。運ぶ途中で一人死に
二人死に.....興味のある方はDVDでご覧下さい。
命の値段が1日当たり40万と言う事か。放射線測定員の募集だろうか。40万以上の日当を出した所
もあったと言うが、ハローワークに出すワケにもいかないから経験者でしょうね。
今まで随分とNHKのプロジェクトXを見てきましたが、「もうダメダこりゃ」という時に
必ず一人の男が静かに口を開く「......できる」。今の状況でもそういう現場の人達が何人もいて
怒号の中必死でやっている事を願いますが、人間は全ての人が金で動くワケではないし、誇りや
名誉あるいは信念が人を突き動かす。
深刻な交代要員の不足だと思うが、原発に従事するという事はあらかじめ暗黙の了解もあるように
感じる。昔なら騙されて原発で働かされたケースもあると言うが原発従事者の人権に関しては昔も
今もそう変わっていないのだろうか。
ところで原子力安全・保安院は原子力の専門的知識はほとんど持ち合わせていないというが、
あのニコニコ顔で話す西山英彦審議官も本来は経済産業省の通商政策局担当でTPPの責任者だったが
地震後、急遽原子力安全・保安院担当になったそうである。バリバリのエリートのようですが、
やはりスポークスマンは専門的知識を持った人の方が分かり易い。
しかし食事くらいまともなものを与える事はできないのか。震災直後ならまだしももうすぐ3週間
になるのだから、バックアップ体制も多少は取られていると思っていましたが、昨日28日の会見で
これだから全然作業できるエネルギーじゃないでしょう。被災者にもガンガン物資が届けられる
状況になっているワケだから、最前線の作業員達にもガンガン送って欲しいと思います。
これは軍事作戦と同じ様なものであるから、例え民主党でも最大限に自衛隊を活用して頂き、
東京の計画停電や水不足よりも今そこにある危機に身を投じている作業員の人達の事を
もっと大事にして欲しいと思います。原発反対のデモやってる場合ではないです。

追記
※昨日の記事の5行目訂正致しました。 
 炉心は燃料棒の集合体で製造者はGEです。失礼致しました!
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-29 21:02 | 国内情勢・世相