ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

とりあえずIAEAよりも日米仏の技術者の力を信じる


米、日本に放射能専門部隊派遣=福島原発緊急時に備え140人
アレバ社「全面的に協力」

沖縄海兵隊の放射能部隊では手に負えないと言う判断かもしれないがより高度な部隊の来日です。
「福島原発緊急時に備え」と言う事はまだ日米両政府とも非常事態ではないという見解ですね....
ロスチャイルドのウラン・カルテルの中核フランスですが、まずはこの状況を打破しないと
陰謀論も語れません。
NHKで原子力安全委員会が「我々は空間線量で計っておりIAEAは草の表面に付いた放射性物質の
濃度を計っている。人間に影響を与える数値を測定する事に関しては日本の基準の方がより正確で
ある」と語った、IAEAの数値をそのまま鵜呑みにする必要はないという反論でありました。
TVでIAEAの専門家4人がガイガーカウンターやスーツケーツ式の測定器で土壌や草を計っている
様子が映し出されていますが、4名だし軽装備だし、日本には優れた測定機器で色んな専門機関に
依頼して空間・食物・土壌を総合的に測定しているワケなので日本側の(東電側とは言わないが)
数値の方を信じたい。それでも政府は海水分析の専門家派遣をIAEAに要請。
国民感情からしてもどれだけ数値が上がっても「ただちに影響はございません」
海水の高濃度ヨウ素にしても「海で拡散するから無問題」では中々納得できないでしょうね。
譬えそれに日本なりの科学的根拠があったとしても、今の流れからすると東電の発表数値を
覆すような外国の専門機関の数値暴露を求めているかのような空気です。
核査察のイメージが強いIAEAですが実際は原発カルテルの一員で、別に正義の見方でもないし
原発利権を守る事が仕事です。「赤い楯」の広瀬隆氏によればIAEAはチェルノブイリ事故の
時「このような事故はサッカー場の騒動より小さいものだ」と世界に告げたそうである。
そして1990年にロシアで最も危険な汚染地域の住民にフィルム・バッジを付けさせ密かにそれを
回収していたと言う。広瀬氏は「生体実験を続けるIAEA」と当時赤い楯の中で書いています。
2009年からIAEAの事務局長は日本人の天野さんになっていますが、原発を促進する組織である事
に変わりはありません。今の状況で必要とされるのはIAEAの測定分析ではなく東芝の対策本部に
招かれたB&Wのエンジニア達であろう。スリーマイル事故の後処理に携わった技術者達が
日本に集まっている。政治的色合いの濃い米軍とは違う(被災地支援ほか米軍には大変お世話に
なっておりますが)日米仏の技術者同士の熱い絆で何とか乗り切って欲しいと思う。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-03-31 21:25 | 国内情勢・世相