ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

元気ですか!元気があれば放射能も.....


猪木が被災地で闘魂注入「元気ですか!」
中国メディア「日本人はなぜ放射能汚染の危機にも冷静なのか」


震災が起きると大声で泣きわめき感情的に行動する中韓からみると日本の状況は冷静に見える
のだろう(個々のレベルではそうではないが)。しかし日本人からすれば環境汚染の認識が甘く
基準値以上の添加物や当局未認可の農薬をがんがん使う食品を平気で売り買いする中国人の民度の
低さの方が気になるワケです。事が起きて逃げて済むなら話は早いが、現地には未だ命を賭けて
作業する人間が多数いるワケで、彼らの事を一切無視して遠くへ逃げるなどというのは普通の日本人
であればやらないだろう(西日本移住や海外逃亡を非難するつもりはありませんが)。
収束不可能で非常事態宣言が出されたならともかく、現状が如何に深刻でも皆が収束に向けて全力を
尽くしている中、ましてや避難民置いて誰が逃げる事などできようか.....と言うのが平均的な日本人
の思考だと思う。政府のあいまいな情報操作は認めるが中共のそれよりは遥かにマシでしょう。
そんな中で日本に住む反体制派の中国人達の有志がボランティアで被災地に入ったと言う。
本国に帰国した中国人が多い中、日本人と行動を共にする中国人もいる。
アントニオ猪木は68歳ながら依然存在感がありますね。
心がくじけそうになった時や失念ぎりぎりの時に普段会えない別の世界の人から元気をもらう。
猪木の闘魂ビンタは生きる活力を与えてくれることだろう。皆が皆喝を受け入れる事はできなくても
一人でも前へ向いて生きる力を得て欲しいと願います。
学者よりもこういう存在が今必要なのである。しかしマスコミは自衛隊や米軍の支援活動をもっと
報道すべきである。こういう時は屈強な身体がモノを言う。

歌姫 中島みゆき
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-06 21:02 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13326938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あうん at 2011-04-07 01:14 x
これから永い放射能汚染との御付き合いですもんね!
目先の欲で始めて海洋汚染までして世界に迷惑かけてしまった、
そんな国家(民族)でも逃げ惑うよりきっちり仕舞いをする。
八紘一宇ってでっかい思想思念だいっ!!
Commented by gyou-syun-u at 2011-04-07 21:51
昔、船が転覆して海に投げ出されたとして救命ボートに乗せる時
最後まで残るのが天道人...というような聖訓がありました。
この世が地獄絵図になっても天道人は最後まで見届けるんです♬
Commented by あうん at 2011-04-07 22:46 x
捨身奉行っすね!!菩薩道。