ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

サンデル教授のハーバード白熱教室

ハーバード白熱教室

NHKの討論番組(視聴者が参加する討論会)は時間があればテーマに拘らず見てた方ですが、
司会者がアナウンサーだとどうしても番組進行に拘り過ぎて堅苦しくて、参加者の選定基準が
何となくNHK的で話の結末が大体予想できたのである。
サンデル教授が昨年東大で初めて講義したのをNHKで見て以来好感を持つ様になりました。

昨日は「マイケル・サンデル 究極の選択 大震災特別講義」で、東京・上海・ボストンの
スタジオを結んでの講義であった(それぞれ8名で計24名)。
今回のような危険な任務には高額の報酬を与えるべきかというテーマでは、ボストンは与えるべき
が多く、次が上海。日本は義務と志願の二つの側面があり金の問題ではないというのが主流。
日本の消防や自衛隊は普段の給料に僅かばかりの危険手当が付いているだけであると日本から発言。
結局、富裕層は金を積まれてもそんな危険な所には行かないから、報酬と命を天秤にかけざるを
得ないのは貧しい人達であるという意見は上海と日本で多かった。それでもボストンの学生の中
には日本人の勇気と秩序ある行動に人間として深く共感したという声がありました。
今後の原発の方向性として、二つのシナリオがある。
1、リスクを最小限に抑えながら原発と付き合っていく。
2、生活水準を落としてもよいから原発を無くす。......どっちを選ぶか。
ボストンは8名全員が1の原発推進派で、上海と日本は3名が原発推進派、残りは2の反原発か
脱原発。高橋ジョージは2を選び「生活水準を落とす事が不幸せだとは思わない」と意見した。
ボストンから「飛行機が墜落して大惨事になったとしても飛行機は必要だ。大まかに言えば原発も
同じ」という意見が出ると、上海の女学生が「飛行機事故と原発事故はそもそもスケールが違う。
中国やアメリカにも影響が出る。人類全体の問題」と反論した。
今回の震災で世界中から日本へ支援の輪が広がっているが、中国からの支援は今後の日中関係に
良い影響を与える事ができるかというサンデルの問いには、上海、日本とも意見が分かれた。
民間レベルでは互いのイメージが良い方向に変わると思うが、政治的には変わらないという
意見が多かった。
サンデル自身は決して答えを言わない。哲学が根底にあるので、学生の答えからジャスティスの
領域へと誘導して行く。意見の相違で感情的になりやすいディベートをうまく指揮している。
ヒステリックな討論や退屈な討論会よりも、もう一度聞いてみたいと言う思いが残る
サンデル教授の講義でありました。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-17 21:04 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13401822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。