ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

台湾に大きな声で「ありがとう」と言えない日本政府

菅首相の「謝意」各国の新聞に掲載 100億義援金の台湾除いた理由

昨今の中国富裕層による日本の不動産投資ブームで、彼らは日本人から見れば首をかしげる買い方
をしていたワケですが、原発事故で東京もヤバイとなると数多くの投資物件が売りに出された。
原発と地震津波と言う大きなツケを払ったものの、有象無象の中国人による見境がない投資も
これで少しは落ち着くかもしれない。
米中もこんな危なかしい日本列島を分割統治しようとする気も失せるだろう。
今回の震災で超大国から途上国まで日本に支援物資や義援金が届いた。
そんな中で台湾はアメリカを上回る130億円の義援金である。親日台湾の面目躍如ですが、
記事にある中国の3億4000万と較べれば突出している。
中国は義援金とは別に救援隊の派遣、3000万人民元(約3億6000万円)の援助物資とガソリン
1万t、重油1万tを無償援助してくれたが、それでも台湾には遠く及ばない。
中国人と台湾人の対日感の差が歴然として金額にも表れています。金が全てではありませんが、
金を儲ける事には必死だが賄賂以外金を出し惜しみする中共の国策でしょう。
人民に対して侵略者に募金しろとは「口が裂けても言えない」中共です。しかし国際的には何か
しないといけない。そんな事情の中国に頭下げまくりの菅総理はやっぱり変。鳩山さん以上に変。
日本政府は台湾と正式な外交関係がないと言って感謝状で済ましましたが、この期に及んでまだ
中国に気をつかう極左売国政権です。
義援金は日本人だけで1300億以上集まっているので他国からの義援金は気持ちである。
中国さん韓国さんアメリカさんイスラエルさん他世界128ヶ国の人達ありがとうですが、
それなら分け隔てなく謝意を述べるべきだろう。謝意にまで仕分けせんでも!

汚水処理施設5月末までに稼働 アレバ社CEOが会見

東電が正式にアレバに汚水処理施設を発注した様です。
それとは別に外付けの熱交換器を国内メーカーに発注したようです。
共沈法は「汚染水に特定の化学物質を入れて放射性物質を沈殿させた後、沈殿物だけを除去する」
ということで特定の化学物質は昨日紹介した金沢大学の粉末を使うのだろうか?
それともアレバ独自のモノか。5月末迄に稼働が目標とアレバCEOは述べましたが、米軍の放射線
専門部隊は結局何もしないで帰国したようなので今後は日仏連合主導のようです。
アメリカは原発監視に専念するようですね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-04-20 21:37 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13422712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。