ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

高さ15mの防潮堤完成まで浜岡原発停止

浜岡原発の全原子炉停止へ 首相の要請受け入れ
浜岡原発停止要請 海江田経産相、中部電力管内で計画停電は行われないとの見通し示す
外務委員会迷答弁.avi

またしても突然の緊急会見である。
浜岡原発の全ての原子炉を止めるよう中部電力に要請したという会見であった。
浜岡原発が向こう30年で起きる確率が87%と予測される東海地震の断層の真上にあり、
防災措置として高さ15mの防潮堤を作る2年間の間止めると言う事らしい。
しかし中部電力も御前崎市市長も寝耳に水という事でしょう。当事者と検討した上ならともかく
いきなり中部電力に伝えていきなり記者会見でしょう。
「私が原発を止めます」というパフォーマンス以外の何ものでもない。確かに国の安全基準を
満たした設計だと言ってももはや誰も信じない時勢であるから、誰もが納得する2重3重の安全対策
を施して初めてスタートに戻る段階であるが、福島で一杯なのに関係機関と協議した上での総合的
判断とは思えない。経産省も経団連も推進派だから止めろとは言えない。
身勝手に言えるのは反原発の市民グループと菅総理だけであり、結局思いつきが得意の菅総理が
言ってしまった。総理が東電に放った恫喝と同じで後先何も考えていない行動だと思う。
市民グループの身勝手さは極論を言えば「占領されても良い。人は殺したくない」
「原発さえ止めれば未来は明るい」という事であります。
浜岡が一番危険であるというのは広瀬隆さんはじめ反原発派が震災前から指摘していたが、
昨日迄の政府はリスク覚悟の上の原発推進は国策として変わらずの筈だった。
しかし御用学者はじめ原発推進派も今回の震災で徐々に見解が変わっている様で、そっちからの
強烈なプッシュががあったのかもしれない。浜岡は過去にいくつものトラブルが発生しており、
市民グループは中部電力の体質含め、浜岡は震度7の東海地震あるいはそれ以上の東南海連動地震に
耐えられるワケがないと言う。特に自民党の河野太郎は外務委員会で「世界中が危険視している
浜岡原発を何故止めないのか」と保安院に食ってかかってましたが、その辺の大連立の含みも
ふまえての記者会見であったのかもしれない。決定の経緯が明らかにされてませんが、反原発派の
現時点の一番の心配事である浜岡原発をとりあえず止めて反原発派を黙らせて、後は国策としての
推進事業を安全対策と共に粛々と進めるというシナリオもあるだろう。
中部電力は最終的には要請を受け入れると思うが、止めても中部電力の電力供給量に問題が
無ければ2〜3年間は止むを得ないかもしれない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-07 21:33 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13532316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。