ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

アメリカも別の意味で震災 デフォルト危機

債務上限、引き上げ訴え=深刻な経済危機も―米大統領
米、債務上限に到達=8月まではデフォルト回避

重要なニュースであると思いますが、震災と原発の陰に隠れてあまりTVでは報道されてませんね。
それもそのはず過去デフォルト危機に陥った時に財務省は債務上限の引き上げの立法措置でしのいで
いたからで、そもそも基軸通貨を持つアメリカのデフォルト宣言など世界的影響が大き過ぎるが、
アメリカは国家安全保障に最も敏感な国であり、いざとなったら非常事態宣言でも発令して
ペンタゴンが財務省を抑えるだろう(笑)。
今回も上限を引き上げれば何とか延命できる話ですが、日本と同じネジレであるアメリカ議会内で
与野党の合意がスムーズにいっておらず、極端に言えばデフォルトさせてオバマを引きずり落とす
シナリオもある。
FRBだって際限なくドルを刷るワケにもいかないだろう。このままずっと上限引き上げを続ければ
借金は際限無しに増えていく。日本時間の今日債務上限である14兆2940億ドル (約1153兆円)に
達したそうですが、米財務省は応急措置でとりあえず8月まではデフォルトを回避できると言う。
日本の借金は約870兆円ですが、預貯金が少ないアメリカと違って日本人の預貯金総額は個人金融
資産1400兆円の中の約800兆円だと言われる。日本もアメリカの様に債務不履行の上限額を設定
すれば国民にもわかりやすいと思うのだが、日本は絶対デフォルトしない、いや必ずデフォルトする
と意見は二分している。
預貯金が少ないアメリカ人と言っても世界の富の40%を牛耳る富豪が集中しているので、
個人金融資産総額は約4500兆円ほどあり、預貯金や現金より株式や保険準備金の比率が高い。
日本の3倍超ですね。海外に投資分散してリスクを減らせる富裕層はともかく、
結局犠牲になるのはアメリカも日本も低所得者層です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-17 21:55 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13599096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。