ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

西岡参議院議長が読売新聞に寄稿「首相は即刻退陣を」

西岡議長、本紙に寄稿「首相は即刻退陣を」
            =====
  【読売朝刊 寄稿全文】

菅直人内閣総理大臣殿

 
 昼夜を分かたぬご心労、推察致します。ご苦労さまです。私は、国権の最高機関を代表する
一人として、この一文で敢えて率直なことを申し上げます。
 菅首相、貴方は、即刻、首相を辞任
すべきです。いま、東日本大震災の被災者の方々、東京電力福島第一原子力発電所事故により避難を
余儀なくされておられる皆さん、多くの国民の皆さん、野党各党、また、与党の国会議員の中にも、
私と同じ考えの方は多いと思われます。また、地方自治体の長、議員の皆さんも、菅首相に対する
不信と不安を持っておられると思います。
 それでも「菅首相、お辞めなさい」という声がなかなか表面化しないのは、理由があるようです。

国政に限らず重大な間題が生じた時、そうして事柄が進行中に、最高責任者を代えるのは、余程の
ことだ、という考えが一般的だからです。しかし、3月11日の震災発生以来、菅直人氏は、首相と
しての責務を放棄し続けてこられました。これこそが、余程のことなのです。
 実は、昨年、尖閣諸島沖の中国漁船衝突問題の時も、首相としての責任を放棄されたのですから、
貴方は、首相の国務に関しての債務に自覚をお持ちでないのでしょう。
 こうした私の菅首相への
「怒り」に、反論する格好の言葉が、日本にはあります。日く、「急流で馬を乗り換えるな」。
 
この言葉は、私も賛成です。しかし、それは、馬に、急流を何とか乗り切ろうと、必死になって激流
に立ち向かっている雄々しい姿があってのことです。
けれど、菅首相には、その必死さも、決意も、
術(すべ)もなく、急流で乗り換える危険よりも、現状の危険が大きいと判断します。
 今、菅首相がお辞めにならなけれぱ、東日本の被災者の皆さんの課題のみならず、この時点でも、
空中に、地中に放射能・放射線を出し続け、汚染水は海に流されているという、原発事故がもたらす
事後の重大な課題も解決できません。ここで、3月11日以来、なぜ菅首相がやらなかったのか、
やる気がなかったのか、私が疑間を持ち続けていることについて触れてみたい、と思います。
 
 その一。首相は、なぜ、3月11日以降、直ちに「緊急事態法」をまとめ、立法化を図らなかったの
か。多くの会議を作り、指揮命令系統を敢えて混乱させてきました。これは、首相の責任を暖昧に
して、決断を延ぱすための手法です。
震災では、県市町村の長、職員、地元の消防団、消防署、警察
官、東京消防庁、地域の民生委員、自衛隊の皆さんに並々ならぬご苦労をかけています。

看過できないのは、首相が、10万人もの自衛隊員に出動を命じるのに、安全保障会議を開かなかった
ことです。安全保障会議は、「国防と共に、重大緊急事態への対処に関する重要事項を審議する
機関」です。首相は法律を無視しているのです。
 その二。原発事故は、国際社会の重大な関心事です。首相が初動段階で、米軍の協力の申し出を
断ったことが大きな判断の誤りです。現時点でも、事故の収束について、首相には、なんの展望も
ないのです。
その三。首相が、被災された東日本の皆さんのために、今の時点で、緊急になすべき事は、「8月上
旬」などと言わず、避難所から仮設住宅、公営住宅の空き部屋、賃貸住宅、とあらゆる手段を動員
し、被災された方々に用意することです。さらに、資金の手当て、医療体制の整備が急務です。
 その四。また、首相の債務は、災害による破損物の処理です。この分別は予想以上に大変で、梅雨
入りを迎えて緊急の課題です。さらに、新たな国土計画、都市計画、農林、水産業、中小零細企業
再建の青写真、新たな教育環境の創造等々、期限を切って方向性をまず明示すべきでした。
 その五。居住の場所から避難を強いられておられる方々は勿論、原発事故の収束に向かう状況に
ついて、固唾を呑んで見守っておられる日本全国の皆さんに、正確で真実の情報を知らせるべきで
した。原発が、案の定、炉心溶融(メルトダウン)を起こしていたではありませんか。
私は、この事実を、東電も首相も、知っていたのではないかという疑いを持っています。
 その六。首相の政治手法は、すべてを先送りする、ということです。この国難に当たっても、前段
で指摘した課題のほとんどは、期限を明示しませんでした。批判が高まって、慌てて新たな工程表を
5月17日に発表しましたが、予算の裏付けはありません。大震災に対する施策も、原発事故の処理費
用も、新たな電力政策も、それらに要する財源は明らかではないのです。
もし、それらが、政権担当能力を超えた難題なら、自ら首相の座を去るべきです。
 このままでは、政権の座に居続けようとするための手法と受け取られても弁明できないでしょう。
あたかも、それは、「自分の傷口を他人の血で洗う」仕草ではありませんか。我が国は、山積する
外交問題、年金間題を始めとする困難な内政問題等、多くの難題を現に抱えています。
 
私は、菅直人首相には、それを処理する能力はない、と考えます。すべてが後手後手にならないうち
に、一刻も早く、首相の職を辞されることを重ねて強く求めます。野党が多数の参院で間賛決議案を
司決しても、貴方は居座るかも知れません。もしお辞めにならないのであれば、26、27両日の主要
8か国(G8)首脳会議前に、野党が衆院に内閣不信任決議案を出す以外に道はないのです。
 私は、いま、己の長い政治経験と、菅政権を誕生させた責任を感じ、断腸の思いです。放射能・
放射線のために、自分の生まれた土地を後にしたことも知らない幼児、母校を離れて勉強している
子どもたちの澄んだ瞳を、私は真っ直ぐ見つめられるだろうか、と自間自答しています。
 国会議員が党派を超え、この大震災と原発事故が、少なくとも、子どもたちの未来に影を落とす
ことのないよう、身命を賭して取り組まなければなりません。
            =====

「菅政権を誕生させた責任を感じ」.....西岡さんはそう述べていますがこれは後の祭りです。
西岡さんは長崎出身で県知事の息子で地元長崎新聞社の取締役から政界に出馬。
もう75歳で平沼さんと同じく金も名誉もいらぬ誇りだけを残したい真性保守であるが、多くの人が
付いて行くというタイプではない。政治家としての資質は優秀だが孤立するタイプかもしれない。
菅総理は政治哲学がないと言われるが、それは民主党全体に言える事で理想と現実のギャップが
あり過ぎても、それを現実と受け止める潔さがないというのが民主党の特徴である。
これからの2年は日本にとって一番大事な時間であります。
空気として民主党内外から「辞めてくれないかなぁ」と言う声は確実に本人に届いているワケで、
個人的には近い内に菅総理は辞めると思うのですが、小沢さんと鳩山さんは言わば党を残す為に
代表を退いて、多少の自己犠牲はあったのですが、今迄の菅総理の言動を追うたびにその思いが
見えて来ない。
保身の為の会見や行動にどうしても感じてしまう。本当は哲学を持っているのかもしれないが、
震災後の現実の状況がプロ市民並みの勧善懲悪ではどうしようもない岐路に差し掛かっており、
総理周辺のブレーンがそれを補い総理を補佐できるならともかく、既にバラバラで東電への対応や
エネルギー政策で政府の統一見解に一貫性を欠く。今変えないと日本の先が見えてきません。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-05-19 21:08 | 国内情勢・世相