ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

どうなる東電株主総会


震災3カ月、各地で脱原発デモ 福島・新宿・フランス…
警視庁:東電の株主総会に警官150人派遣、機動隊も-騒動やテロ防止(2)

今迄原発に無関心だった人達が、事故をきっかけに原発の怖さを知り改めて原発反対に方向転換
する....ここまでは理解できる。しかし数値の信憑性は専門家でさえ意見が分かれる。核保有国の
核実験で放出された放射能は問題にされず、今回の福島事故を前にしても常任理事国の原発政策は
変わらない。それでもドイツは廃炉を決定し、イタリアでは脱原発を問う国民投票が始まった。
ドイツは電力の輸出国であったが原発停止を決めてから電力の一部を原発大国フランスから輸入して
いる。日本で原発を完全になくしてその代替エネルギーを目指すと言うのは時間も金もかかる。
常任理事国が核保有国であり原発推進を国策とするこの世界で、反原発運動はお約束の自由行動に
過ぎなくて、今回の事故が起きてもそれは安全保障上の再確認が各国で行われる事があっても、
地球環境的な原発の見直しが行われる事ではないから、やはり笑顔の反原発運動は虚しく思える。
事故の本質は原発問題よりも利権構造上の安全管理体制の不備と言う人災に尽きると思うが、
災い転じて福と成せば日本社会の企業体質を変えるかもしれない。
東電の株主は約74万7000人いるそうで、その内の402人の株主が「原発撤退を求める」議案を
提出した。実質的に総会屋が死滅した現在、自由活発な意見が出て荒れると予想されるが、
東電の原発撤退は当然あり得ない話ではある。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-06-12 21:13 | 国内情勢・世相