ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

茶番の株主総会


株主たちが怒りの声、東電株主総会
脱原発の株主提案否決…東電・中部電・九電総会
電力5社の「脱原発」提案は否決 株主総会、議論紛糾

東電の株主総会で原発撤退が否決された。1株300円になっても暴動は起きなかった。
大株主が金融機関や外資などの原発推進グループで固められているからどうしようもない。
企業ならどん底から株価を上げる事に向かわざるを得ず、自然エネルギー導入には時間がかかる。
東電に対する批判は正論であるが、国策で原発推進を掲げている以上国家の中枢の問題であり、
原発は外交防衛と国家間の駆け引きで決まり、委任状で事前に決まった決議は覆す事ができない。
脱エネルギーを目指すなら原発推進企業の株主にならない事である。
今まで株主として配当を受けておりながら、原発事故が起こった途端に手の平を返しても
あまり説得力はないだろう。マスコミの報道と同じく偽善にすら思えてくる。
海江田経済産業相が佐賀県の玄海原発の再開を佐賀県知事に要請した。
玄海町長は運転再開を決める方向であるが、残りの自治体は今年の夏の電力事情を見てから
判断するのだろうか。交付金が止まれば経済的な影響を受けるが、今年の夏を原発無しで乗り切れる
事ができれば、次第に脱原発に流れて行くかもしれない。市町村は交付金を捨て難いが、県は市民の
環境意識や安全意識を反映する必要がある。

今日は6月ながら都内でも35℃を超える猛暑であった。私も屋外作業で汗が吹き出たが、
脱ぐ事ができない防護服で作業をしている福島第1の人達に較べるとまだましである。
既に熱中症で病院に搬送される人達も多くなり、節電もほどほどにと言いたい所ですが、
サマータイム導入でせっかく家に早く帰っても、家庭でエアコン使うのであまり節電の効果が
ないらしい....今日の東電管内の余剰電力はわずか9%だったという。
昔、作業環境が夏場で45℃の現場で働いた事がありますが、その時はシャツが塩分で白くまだらに
なった。今はそのような環境ではないがそれでも猛暑の時は塩分が失われるので塩分補給は欠かせ
ない。冷たいミネラルウォーターが一番おいしいのであるが、塩分補給のためにスポーツドリンクを
飲む。色んなスポーツドリンクを試してますが、結局は水が良い。皆様も御自愛下さい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2011-06-29 21:54 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/13929037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。