ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

生きる


歌の文句にあるように、生きる事は難しい。
そして小泉首相も言うように、人生色々、政治も色々.......
できれば、人生の最期の時を迎える時には、格好良くジョークのひとつでも吐いて
逝きたいものである。地球上に棲む63億の人間そしてその他の生命体を含める
と、膨大な数の非公開の映画がありますが、シナリオ通りには行かないのが人生
であっても、〃死に際〃に際しては、どんな人生であったとしても、恨みつらみの
文句は入れたくないですね。

生きるということは、美しく死ぬことかもしれない!と大上段に構えてみる。
実際、赤ん坊は血まみれ糞まみれ(失礼)で生まれて来るワケですが、
美しく生きる事のできない人間も、美しく死ぬ事はできるのではないだろうか。
何も自殺の事を言ってる訳ではありませんが、飛ぶ鳥跡を濁さず!と言うことで。
金で幸せは買えるか?YES!と答える人は、金があれば教育を受ける、或は施す事
ができ、それは選択肢が増える事であり、人生の可能性が広がる。
金は人生の保険であると言う。
ならば心も買えるか? 99%の人間の心は金で買えるそうだ。
但し、残りの1%の人間の心は買えないとも言う。
例えとしても、金で動かない人間は、世界で6300万人もいる計算になる。
一生遊べるだけの金を持っていながら、金が全てでは無いと言い切れる人間は
稀であろうが、金を稼ぐ力の無い人間が、金が全てでは無い!と言っても全く
説得力が無い事も皆知っている。それでも尚、金が全てではないと感じるのは、
金では買えない価値が世の中にある事を、社会生活の中で経験上知るからである。
人はパンのみで生きるに非ずで、精神的な充足を求める。そこが動物との
違いである。それでもお金はどんな薬よりも、人間を癒してくれる最良の
精神安定剤であり続けるのだろう。

アメリカ主導のグローバルスタンダードの世界観は、偏向したナショナリズム
へと世界を導こうとしている。そして〃生きる〃から〃生き残り〃を賭けた闘いの
行く末を予感させるものである。世界は一家人類皆兄弟!は理念であり、現実の
価値観とは何らリンクしないのである。食べ物を満足に食べられない、まともな教育
を受けられない人達の世界と、消費社会に暮らす人達との世界観は明らかに異なる
ものであり、貧しい国、戦乱で苦しむ国の人達に「我々は生かされているんですよ」
と言っても届かないだろう。何が何でも生きろ!と言う以外にメッセージはない。
先の大戦の戦勝国が作り上げた世界標準は勝ち組の指針であり、共存共栄の理想社会
と相反するものである。9,11テロで金融の総本山を爆撃されたアメリカは
教訓を学んだ筈である。
ロスチャイルド金融帝国の仕掛人の胴元であるジョージ・ソロスがブッシュ政権を
批判して約1年。まるで毒を以て毒を制すかの様に、魔王ルシファーが改心し大天使長
に返り咲く.....と言うのは言い過ぎであろうが、アメリカ国内のイラクからの撤退の
声や、イスラエルの38年ぶりのガザ入植地からの撤退を含め、イスラム社会の
見えざる〃壁〃は予想以上に高かったのかもしれない。
ユダヤ包囲網に、ユダヤの神は如何なさるおつもりか?
アメリカを超えるスーパーパワーを目指す中国のロシアとの合同軍事演習、
欧州のアメリカ離れとアメリカに屈しないフランス。
キリスト教を認めるイスラム教と、イスラム教を決して認めないアメリカ。
アメリカの敵はサタンである!とイスラムを非難するアメリカ国防省高官、
台湾問題でアメリカと衝突したら、日本も核で潰してやると言った元中国国防省長官。
覇権は続く〜よ。ど〜こ〜ま〜で〜も♪
このような覇権争いを続ける世界は、ガイアの叫びに聞く耳を持たないようである。
天変地異は静かに動き始めているのである。
だがしかし、どんな未来や結末が待っていようとも、前向きに明日を信じて、
生き続けなければならない。
        

※「もしも世界が100人の村だったら」より転載。
このチェーンメールの元の原稿は1990年にアメリカの大学の先生が書いたものだ
そうですが、インターネットを駆け巡る内に1000人が100人になり、内容も一部
削除されたり、後半部分は書き加えられたものだそうです。
世論操作の指摘もありますが、まぁそう言わずに。。。

もし、現在の人類統計比率をきちんと盛り込んで、
全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう。
その村には・・・
57人のアジア人、21人のヨーロッパ人、14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます 。52人が女性です。 48人が男性です。
70人が有色人種で、30人が白人 、70人がキリスト教以外の人で、
30人がキリスト教。
89人が異性愛者で11人が同性愛者。
6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍。
80人は標準以下の居住環境に住み、70人は文字が読めません。
50人は栄養失調に苦しみ、1人が瀕死の状態にあり1人はいま、
生まれようとしています
1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け、
そしてたった1人だけがコンピューターを所有しています。
もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、
そして、そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火をみるより明らかです。

また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。
もし、あなたが今朝、目が覚めた時、病気でなく健康だなと感じることができたなら
・・あなたは今生き残ることのできないであろう100万人の人達より恵まれています。
もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や苦悩、
あるいは飢えの悲痛を一度も体験したことがないのなら・・・
あなたは世界の5億人の人達より恵まれています。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または
死の恐怖を感じることなしに教会のミサに行くことができるなら・・・
あなたは世界の30億人の人達より恵まれています。
もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、寝る場所がある
のなら・・・あなたは世界の75%の人達より裕福で恵まれています。
もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物が
あるなら・・あなたはこの世界の中でもっとも裕福な上位8%のうちの一人です。
もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・
それはとても稀なことです。
もしこのメッセージを読むことができるなら、あなたはこの瞬間二倍の祝福を
うけるでしょう。なぜならあなたの事を思って,これを伝えている誰かがいて,
その上あなたはまったく文字の読めない世界中の20億の人々よりずっと恵まれて
いるからです。

昔の人がこう言いました。わが身から出るものはいずれ我が身に戻り来る、と。
お金に執着することなく、喜んで働きましょう。
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく、人を愛しましょう。
誰もみていないかのごとく自由に踊りましょう。
誰も聞いていないかのごとくのびやかに歌いましょう。
あたかもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-08-27 20:21 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/1644856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。