ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

亡国の憲法第9条


次期総理候補の一人である安倍晋三幹事長代理や、民主党の前原新代表は、
共に改憲派であります。先日、護憲派の重鎮と言われる後藤田元副総理が
死去しましたが、自民党や民主党の大部分はおおむね改憲派であるとされ、
流れは憲法改正の方向に向かっています。
前防衛庁長官石破茂氏(改憲派)によると、ほとんどの政治家が国防や自衛隊の
装備などに対する知識が乏しいという。国防論議は票には繋がらないので、
多くの政治家は避けて通ってきたというワケで、そのツケが回ってきたのである。
しかしこの問題については、国民各々が考え大いに議論すべきであって、
早急に結論づける問題ではないと思います。
マッカーサーとGHQが1週間で書き上げたとされる日本国憲法でありますが、
特に問題とされるのが憲法第九条であります。

        第二章 戦争の放棄
             第9条
1) 日本国は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永遠にこれを放棄する。
2) 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は。これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。

憲法の解釈を巡って色んな意見がありますが、主権国家であるにもかかわらず、
自衛の権利すら認められていないというのはおかしな話だと思います。
既に世界有数の軍事力を保持している以上、自衛隊法の足カセを外すのがイヤで
あれば、戦闘機や艦船は有する能力の殆どを使えないワケですから、
全てスクラップにすべきであろうと思います。
長年手をつけなかった曖昧な法整備は、国民のコンセンサスを得る以前の問題で、
政府は国防の指針をハッキリ示して、それを国民に問うべきであります。
プロ市民は別として、現代人の多くが日常生活において、世界で一番素晴らしいと
言われる憲法第九条など頭の中に無いのは事実であり、自衛隊海外派遣など対外的
な問題の時に、思い出す程度であったのが、PKO問題で一気にタブーではなくなり、
寝た子を起こす様相となった。
自衛隊で言えば、実際には現行の自衛隊法により、戦闘機や艦船も兵士も攻撃された
場合のみ反撃できる、つまり自衛権を行使できると定められています。
しかも自衛権行使の為には〃法的根拠〃が無いとダメで、反撃許可の指揮命令系統も
全く不明なワケで、更には陸海空の一体化された通信システムが存在しないという事
があります。これは国防において陸海空が一致協力する体制が全く不備である事で、
軍人が政治家を超えてはならないと言うシビリアンコントロールの為せる技です。

そんな中に於いて、石破氏が防衛庁長官在任の時に、対テロ対策として、
300人の超エリート集団である〃対テロ特別部隊〃が創設されました。
陸上自衛隊のエリートが集まる習志野の第1空挺師団の中から、語学・医療・通信
その他を全て一人でカバーできる優れた人間を選抜した集団で、彼等は特殊部隊の
先駆であるアメリカやイギリスの部隊で研修訓練している模様であります。
拉致家族の中からは、この特別部隊を使って救出しろ!という過激な発言も出ました
が、この部隊にしろ現行法では許可が下りなければ、発砲もできないのであります。

 ★小泉政権は第2項の修正案として以下の案を委員会に提出。
  2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は。
    これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
     ↓
   ※自衛のために自衛軍を保持する(2005年7月7日)

  憲法改正の手続きとしては......
  法案を提出→衆議院・参議院で議決→国民投票→天皇が承認→公布となります。
  いずれにしろ国民がNo!と言えば憲法は改正されないのであります。

女性や子供の戦争に対するイメージは敵国の兵士を殺す、つまり人を殺すであるが、
昨今の軍事技術の中には、人や建物を傷つけずに兵器やシステムを無力化する
電磁パルス兵器などのハイテク兵器がMDと連動して研究されています。
ミサイル防衛(Missile Defence)は通常兵器削減と核拡散の諸刃の剣ですが、
地上戦においては、ブッシュ政権は対テロ兵器として、地下に隠れてレーダーで
探知できない軍事施設攻撃のため、バンカーバスター(指標貫通)用核兵器の開発を
終え、北朝鮮を空爆するオプションで使われる予定であったと憶測が飛んでいます。
MDは飛んで来るミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とすものであり、
朝鮮半島統一もしくは金正日帝国壊滅後の、地上戦無き後の先守防衛の見地から
日本に一番合ってるとされ、日本政府はMDを核にして、その分陸海空の通常装備を
削減する方向です。アメリカは冷戦時代に比べて国防予算は削減方向にありますが、
中国は逆に増額に向かっています。只、アメリカの問題は戦争も〃民営化〃の方向
がハッキリ見えるという事で、ブッシュ後の政権がそれを更に押し進めるのか、
それともアメリカ国内で、もう派兵はイヤだと言う大きな振子が起きるのかが、
今後大いに注目されます。もっと大事なものがあるんじゃないかとアメリカ人も。
いかに世界No.1の軍事力があろうと、ハリケーンには手も足も出ないのである.......

戦う中にも道を見いだす日本人の思考回路は、果たして理解されるのだろうか。
武力と武道は違う。武道は戦わずして勝つ、己にも克つ為に鍛錬をするのである。
ゆえに何もしない訳では無く、攻撃と防御のカラクリを理解し、型を繰り返し、
最終的には心と体を一体化させ、道に昇華させ心の平安を得ようとするものである。
武道は本来人の道にも通じるものでありますが、世界情勢はプライドやK-1や
ヒーローズといった異種格闘技・総合格闘技の世界に様変わりしてしまった。
四角いジャングルはイヤであっても、少なくとも他流試合をしない合気道の心を
第9条に組み入れるべきだろうと唱える事は暴論ではないだろう。
生命の尊さから平和や反戦を唱える人々がいますが、人類は他の生物の命を奪って
(別名喰って)生きてる訳ですから説得力は無いと思われます。我々の肉体の
細胞は攻撃と防御を繰り返しながら代謝しているわけです。
小学校に不審者が侵入して平気で殺害する時代において、学校側が警備体制を万全な
ものにする事にあまり異論は無いと思うし、絶対平和主義は意味を持たないと思います。
但し、それを心底貫く人を悪戯に誹謗中傷するものではありませんので誤解無き様。
国防は政治の要であると思うし、軍事マニアだけではなく普通の人達も心を正して
考える時期に来ているのだと思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-09-23 19:03 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/1843953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。