ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

シリア軍事介入 ネオコンのバレバレ大作戦

イラク戦争であれほど騒いだ大量破壊兵器も結局は見つからなかった。
世界にはウィキ・リークス初め数多のハッカーがいて日々腕を磨いてますが、
シリア情勢の鍵とも言える秘密文書をハッキングしていたようです。
米英が今週中にも「シリア軍の化学兵器の更なる使用を阻止するために軍事介入する」と
報じられましたが、ハッキングされた秘密文書はイギリスの軍事契約会社のEメールで、
カタールの提案で、アメリカがシリアを化学兵器で攻撃してそれをシリアのせいにするというもので、
アメリカ政府はこの提案を飲んだという話なんですが、その秘密文書の中には実行犯として
軍事会社に属する傭兵の詳細な情報や契約内容、更にはサウジアラビアがイランと戦争する時の
軍事契約の内容まで記載されているそうです。
9.11もバレバレだから、アメリカが今更そんな提案を飲んだとは思えませんが、
それを裏付ける情報がいくつも存在するとなれば、うーむと言わざるを得ません。

シリアによる化学兵器使用は不明=NATO事務総長

【オススメです】
シリアの化学兵器物語り:人道的大惨事を後押しした米=NATOの計画とは

2012年5月 国連人権理事会の調査官がシリアの反体制武装勢力がサリンを使用した可能性が高く、 
      現時点でシリア政府軍が化学兵器を使用した根拠がないと発表。
2012年5月 2013年1月5月 イスラエルがシリアの科学研究施設を空爆
     (シリアがヒズボラに輸送するイラン製ミサイルを狙ったとイスラエルはコメント)

民間人の首を切り取る反政府軍組織 自由シリア軍


国連査察団、銃撃受けながらもシリア化学兵器疑惑を調査
米情報当局がシリア政府高官の通話傍受、化学兵器に言及 報道

今回はあくまでも空爆のみで大規模な軍事介入は行わず、シリアの化学兵器使用に対する
報復措置に限定すると報道されてます。国連調査団による調査結果を待たずに空爆すると
いうんですが、証拠がハッキリするまで待てないのかと思っていたのですが、数時間前に、
「シリア国防省と軍の化学兵器担当官との通話記録を傍受していて、それがシリア政府の
化学兵器使用断定の根拠になっている」との報道がありました。
まあ世界最強の諜報機関NSAですから…ならば、ついでにNATO軍やネオコンの通話記録も
公表してもらいたいですね。
シリア政府は、化学兵器(サリン)を使用したのは反体制派だとの主張を繰り返しています。
化学兵器が使われたダマスカス郊外での被害者の多くがシリア政府軍兵士だというのです。
実際に反政府グループはシリア人だけではなく、外国人傭兵やアルカイダが主導する混成組織
であり、武器支援はペンタゴンとNATOが行い、テロ組織壊滅を目論む英米でありながら、
反体制派に中東の親米国経由で資金援助しているワケですから大いなる矛盾です。
オバマ大統領は独裁政権アサドの追放は支持するけど、現在の混成部隊である反体制派が政権を
握る事にはNOで、しかし軍産複合体やネオコンの突き上げを完全に無視する力はありません。
ネオコンはシリア政権を打倒して親米国家を作りアメリカの兵器を売りたいのでしょうが、
そんな事をすればロシアも黙っちゃいない。オバマとしてはそこまでの介入の必要性は却下して、
化学兵器使用という名目上の理由で、今回の限定的な軍事介入を承認したのでしょうか。
[PR]
by gyou-syun-u | 2013-08-28 21:12 | 世界情勢