ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

シリア軍事介入 ネオコンのバレバレ大作戦 4

(朝日新聞)シリア化学兵器使用に関する米報告書の要旨


・米政府は、8月21日のダマスカス郊外での化学兵器による攻撃がシリア政府によって行われたと、
 高い信頼性を持って  判断する。さらに攻撃でアサド政権が神経ガスを使ったとも判断する。
・機密扱いの報告書は米議会と友好国と共有されており、情報源などを守るため、すべての情報は公開
 できない。米情報当局の分析の機密扱いでない要旨である。
【21日のシリア政府による化学兵器の使用】
・大量の情報が、化学兵器による攻撃が行われたことを示している。米情報当局に加え、医療関係者の
 説明、ビデオ、目撃証言、ソーシャルメディア、報道などがある。
・米政府の初期段階の評価では、少なくとも426人の子どもを含む1429人が化学兵器で殺害された。
・シリア政府が21日にダマスカス郊外で反対派に対し化学兵器を使ったと高い信頼性を持って判断
 する。反対派によるものだとは相当考えにくい。政府の攻撃準備や移送手段に関係する情報、攻撃に
 関する情報の流れなどから判断した。
【背景】
・シリア政権は、サリンなどを含む数多くの化学物質や、化学兵器に使える武器弾薬を保有している。
・シリア政府が昨年もダマスカス郊外を含む場所で、小さな規模で複数回、反対派に化学兵器を使った
 と、高い信頼性を持って判断する。この情報は、シリア政府の化学兵器による攻撃の計画や実行の
 報告や生理的史料の分析などに基づく。反対派は化学兵器を使っていないと判断する。
・シリアの政権はダマスカス近郊に拠点を置く反対派を追い払おう取り組みを始めている。21日に
 狙われた地区を含む地域から反対派を一掃できず、ダマスカスの大部分をおさえられないという政府
 のフラストレーションが、21日の化学兵器の使用という決定につながったかもしれない。
【準備】
・攻撃があった3日前から、化学兵器の攻撃準備に関連するとみられる政権側の動きがあった。
・化学兵器の部隊は8月18日から21日までダマスカス近郊で活動し、その地域のそばでサリンを
 含む混合化学兵器を使用した。政権軍の部隊はガスマスクを使うなどの準備もしている。ダマスカス
 の情報筋は、化学兵器の攻撃があった数日前には、反体制勢力の側には使用の動きは
 確認できなかったとしている。
【攻撃】
・複数の情報筋によると、政権軍は21日にダマスカス郊外にロケット弾攻撃と砲撃を加えた。
 衛星による探知で、政権側の支配地域から、化学兵器で攻撃があったとされる地域付近への攻撃が
 裏付けられる。ソーシャルメディアに「化学兵器による攻撃がなされた」という最初の報告がされる
 約90分前に、政権側の支配地域からロケット弾が発射されたことも、探知されている。
・地元のソーシャルメディアは、21日午前2時半にダマスカス郊外への化学兵器の攻撃が始まったと
 報じている。その後の4時間で、ダマスカスの少なくとも12カ所から「攻撃があった」という
 数千もの報告がなされている。
・国際人権団体によると、ダマスカス地域の3つの病院は、21日朝の3時間以内に神経症状を示す
 約3600人の患者を受け入れた。
・100件のビデオ映像から、神経症状を示した遺体を確認した。複数のビデオ映像では、外傷がない
 犠牲者も見られる。誰もが入手できるビデオ映像で、少なくとも12カ所が写っている。
 反体制勢力に、こうしたビデオのすべてを捏造する力はない。
・シリア政権が21日の攻撃を指示したと考える。我々は、政権側によって化学兵器が使用されたこと
 を確認する高官の通話内容を傍受した。
・21日の昼に、化学兵器の部隊が行動を中止するように指示されたとの情報がある。同時に、
 政権軍は化学兵器の被害を受けた地域への砲撃を強めた。26日まで砲撃は続いた。
・21日の化学兵器による攻撃について、シリア政府に責任があると示す十分な証拠がある。

2013年5月31日トルコの治安部隊が反体制派の自宅からサリンを押収

「トルコの治安部隊は、トルコ南部の町で拘束したアルカイダ系反体制武装勢力「ヌスラ」の
 メンバーであるシリアのイスラム教徒の自宅からサリンガス2㎏が入ったシリンダーを押収した。
 ロシアはこの件について、拘留したメンバー徹底的に調査するようにトルコ当局に要請。
 ダマスカスおよびシリア北部(トルコ国境付近)の化学兵器使用の報告書は、シリアで何か月も
 矛盾を生んできた。3月に、シリアの政府は、使用された化学兵器を調査することを国連に依頼
 しました。国際戦犯調査のエキスパートであるカルラ・デル・ポンテが化学兵器は反体制武装勢力
 が使用した可能性が高く政府側が使用した証拠は現時点ではないとレポートしたが、
 欧米の主要メディア及び政府は完全に無視した。
 ジャーナリストのアフシン・ラッタンは「シリア物語のニュース管理は信じられないほど精巧
 だった。欧米の新聞紙上の一面にこの事が少しでも書いてあるだろうか?私はそうは思わない。
 デル・ボンテと同じく静かに消えるでしょう。大きな物語はS-300の配置でしょう」
 シリア政府側が使用したという具体的な証拠はまだ明白ではないと国連調査会が告発したにも
 関わらず、トルコの首相エルドアンは全く逆で「シリア政府が化学兵器を使用したという具体的な
 証拠を持っている」と声明を発表した。
 しかし カルナ・デル・ボンテは「化学兵器は反体制派が使った」と言う。」
                          (エキサイト翻訳 一部要約)

サンプルや録音テープなどの物的証拠に欠け説得力のない報告書だと思います。
反体制武装勢力は、トルコやヨルダンで特殊部隊や傭兵によって化学兵器の取扱い方と
確保を訓練されていたワケで、既にいくつかの化学兵器を反体制武装勢力が入手していた可能性も
あるワケです。21日のダマスカスの攻撃についても、政府軍からだけではなく反政府軍からの
攻撃もあったという証拠(文書と衛星写真)がロシア大使から国連の臨時会合の場(30日)で
示されたと言われます(毒ガスが積まれていた可能性も)。
それでシリア政府軍の兵士が多数死傷したとシリア政府は主張している。
確かにシリア国内には約1000トンの化学兵器があると言われてますから、政府軍が一度も使った
事がないとは言えません。しかし、今迄も使用疑惑が何度もあったにも関わらず、オバマ政権は
動かなかった。今回傍受された通話は化学兵器使用の許可に関するもので、アサドからの命令では
なく、部隊長クラスの通話だったらしい。
しかし、トルコでのサリン発見やカルナ・デル・ボンテの調査報告など、シリア側に有利な情報は
完全に抹殺されてます。シリア側・第三者側の情報が精査されたとは到底思えません。
youtubeの捏造動画など反体制派はいくらでもできるでしょう。
21日の攻撃の3日前から政府側にガスマスク使用の動きがあって、反体制派にはガスマスク使用
の動きは確認できなかったと報告してますが、そうならば反体制派は毒ガスロケット弾の準備は
してなかったけど、政府側の毒ガス攻撃も事前に知らされていなかったと言う事であり、
女性や子供達を含む一般市民も見殺しにされたワケですね。

アメリカ政府内部の人間が匿名で語ったように「実際のところ化学兵器(貯蔵庫)がどこにあるか
わかっていない」なら、トマホークは軍事施設や化学工場プラントを破棄するだけで、肝心の化学兵器
を完全には一掃できないでしょう。アメリカはシリアが二度と化学兵器を使わせない様にする為の警告
だと言いますが、化学兵器の完全消滅は難しい。
ミサイルやロケットも第三国から調達すれば再生可能である。
現在も政府軍と反政府勢力との攻防は続いているから、仮にトルコが煽る様に壊滅的打撃で
アサド政権を倒したら、その後がグチャグチャになるのは目に見えてます。
オバマは決断するのか?限定的な攻撃で終わればそれはそれで良いが、反体制派武装勢力=テロリスト
であるという闇の部分は、今後どう処理するのだろうか……続く

【モスクワ時事】ロシア軍事筋は30日、シリアのアサド政権が既に第三国からロシア製の高性能
 地対空ミサイルシステム「S300」を入手している可能性があると指摘した。配備済みの他の
 ロシア製防空兵器と合わせて「米軍などの(巡航ミサイル)攻撃に十分対応し得る」と軍事介入に
 警告している。インタファクス通信が伝えた。(2013/08/30-19:13)


ロシア製高性能(同時多目的交戦能力)防空地対空ミサイルシステム「S300」射程75㎞~90㎞

[PR]
by gyou-syun-u | 2013-08-31 19:30 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/19572823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。