ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

日米VS中韓

今年は特に韓国の対日批判が異常に目につきます。
中国は基本的に尖閣問題と歴史問題と軍備拡張で日本に イチャモンをつけますが、
韓国は日本の政治・経済・文化あらゆる事において反日プロパガンダを展開します。
韓国政府肝入りのVANKを筆頭に、韓国の主要新聞等、こと日本問題に関する記事は
読むに耐えないモノであります。
韓国の痛い所は「世界一」「世界発」という言葉に異常に拘るという事です。
あらゆる局面で誇大妄想が過ぎ、傍から見れば政府も国民も絶えず熱を帯びているという感じです。
10年前の韓流ブームとキムチ、数年前のK-POP。この3つ以外は全て反日では、
さすがのオバハン達も韓国が嫌いになるだろう。事実、嫌韓は増えてます。
数年後には韓国全体が発狂するのではないだろうかとマジに思います。
韓国政府及び韓国メディアそして韓国の人々。反日を国是として小さい頃から嘘の歴史を
教えられて育った韓国人の人格形成の破綻がそろそろピークに達しています。台湾とは大違いである。
多くの国民はハングルしか知らないから、漢字の奥行きや行間を汲み取る事ができない。
本を読まない国民の文化や民度は落ちる。
国防に関しても、お笑い韓国軍と言われる程の戦略なき装備、故障し続ける各種国産兵器。
日本の自衛隊が持ってるものを、意味も無くすぐ欲しがる韓国軍。
そのくせ、韓国軍は自衛隊よりも強いと本気で思ってる韓国国民。
米軍が持っている戦時作戦統制権を韓国に返すと言ってるのに、中々ウンと言わない韓国。
要は韓国軍は朝鮮半島有事の際、作戦を指揮する能力がないと自ら認めてるようなもんです。



何故中国は口先ばっかりで尖閣諸島で軍事行動を起こさないか?
それは現時点では日米に全く歯が立たないからです。
但し、中国は2020年までに陸海空を西側と同じレベルに持って行くという設定をして、
現在それに向けて軍備拡張を続けている。
それに対抗して、自衛隊も2020年にはF-35が実戦配備され、ステルスF-3も運用可能。
イージス艦は8隻。潜水艦は22隻体制。中国が追いつく頃には、また日米が突き放す。
日中の海軍と空軍を較べれば、圧倒的に自衛隊が強いのは常識である。
強いて挙げれば、中国のミサイルと日本国内にいる中国シンパが唯一の脅威である。
中国が日本に核を使う状況って何だ?
日本と中国がぶつかってるのは、とりあえず尖閣諸島や歴史問題や日本の軍備拡張。
それで中国が核を使うとは考えにくい。党が軍部を抑え切れなくなって軍が暴走という
シナリオも無くはないが、核の発射ボタンを押すって事は、物凄く政治的であり冷静な判断が
求められるモノであり、いくらバカぞろいの中共や人民解放軍でも、核ミサイル発射に関しては
厳格な規定を設けている。
これが希望的観測だとしても、そのような状況になる前に中国国内の政情不安その他の
前兆があるワケで、それを世界各国が見逃すとは思えない。
中共の真の敵は14億の人民であり、それをコントロールする為の反日政策と経済政策であるが、
汚職まみれの中共幹部に、まともな「戦争」を采配する知恵はないだろう。
太平洋をアメリカと二分しようなどと、本気で考える中共の野望は絶対実らない。
[PR]
by gyou-syun-u | 2013-10-26 22:36 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/19881035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。