ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

電通

d0000485_1839329.jpg


JR新橋から浜松町の旧国鉄汐留貨物駅跡地を中心に、31ヘクタールの
都市再開発の中、浜離宮の側に世界最大の広告代理店である
地上48階の電通本社ビルがそびえ立つ。
フランス人設計家によるシンプルでありながらモダンな建物である。
側には共同通信や資生堂の本社ビルや日本テレビも移転して来ました。
シオサイトと呼ばれる地区であります。地下道も宏大で、
周辺の全てのビルが地下で繋がるのは、あと6年待ちだそうです。
ゆりかもめに乗り、レインボーブリッジを通れば、お台場にはフジテレビが
奇怪な姿を晒しています(フジTVは美しいとは思いませんが)。

このモダンな建物の中で、日本人の心の情報収集分析が〃情熱的〃に
行われてるのであります。情報のベクトルには若干の違いはあるものの、
内閣調査室や商社よりも分析能力に於いては、抜きん出てると思われます。
契約社員や派遣社員含めて8,000人が働き、来訪者を含めると一日約20,000人が
出入りし情報を交換しています。ビル内に新聞局やTV局など100近い局があり、
雑誌局などは出版社よりも規模がデカイ。優秀なCMプランナーやデザイナーを
引っ張って来るので、当たれば報酬も当然デカイ。
基本給120万と書かれた給与明細書が.....
既出ですが、電通に入る為には、入社試験よりもコネがモノを言います。
試験受けて入るのは3割。7割はコネである。大手マスメディアや大企業の幹部の子息
が沢山います。広告業界は感性と体力勝負ですから、頭悪くても関係ないんです!
感性さえあれば。事務的な事は他の人がカバーしますから。
それさえ無くても、入れてしまうのです。全ては政治経済報道の人脈を作る為に。
とんでもないバカでも入れるのです。TV局などは体力がいるので、大学ラクビーや
他のスポーツの全国大会で活躍した選手とかが紹介で入ったりします。
別に電通が〃悪〃であると言うつもりはありません。マインドコントロールの元凶は
電通であると言うつもりもありません。きっと仕事頑張り過ぎなんでしょう。
只、日本には電通という〃情報機関〃が存在すると言う事であります。
電通の株主には〃コワイ顔〃関係者もいるのですが、現在の社長はそういう輩には
断固屈しない!......そうでありますが。

先の選挙での自民党圧勝の影には、当然電通のマーケティング戦略が生かされており、
それはマスメディアの意志も少なからず含まれていたのだろうと思います。
韓流ブームは電通が意図的に仕掛けたモノであり、ある種の実験であったのだろう。
TVCMの6割は電通制作であり、愛、地球博も実質的には電通とトヨタが組んだ
トヨタ博の色彩が強かった。電通はトヨタのCMを一手に引き受けており、
エコカー初め、これからもトヨタの国際戦略と同調していくだろう。
トヨタは日本式経営プラス社外に設けた〃国際顧問委員会〃による対外的戦略を
もって、21世紀を歩もうとしているそうで、エネルギー業界の重鎮と連携して、
燃料電池や環境問題に力を注ぐ方向である。
低い予算でおバカなCMを作らざるを得ない若手も、経験を積んで、
いずれ莫大な予算を使う身になり、トヨタの品のあるCMを作れるようになるのである。
電通マンよ!もっと自由に、尚現実的に、日本発世界を席巻するモノを作りやがれ!
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-10-31 18:51 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/2103034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。