ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

既に終わっている翁長知事


翁長知事、新基地「絶対に建設できない」 菅氏、辺野古移設「唯一の解決策」 初会談は平行線に

  『翁長氏は会談で「県民に大きな苦しみを与え、世界で一番危険だから危険性除去のために
  (新たな基地を)負担しろという話をすること自体が日本国の政治の堕落だ」と訴えた。
   粛々と移設作業を進めるとする菅氏の発言について「上から目線だ」と反発した。  』


「絶対に建設できない」とは、あらゆる手段を使って建設を阻止するという事でしょうが、
そのまんま移設反対派のサヨク連中と同じで、ダダをこねる大人に映る。
成田闘争の時とは時代も変わっています。
支持層には受けるだろうが、移設を受け入れた辺野古住民は醒めた目で見てるだろう。
基地関連施設で働いてきた人達や、米兵相手のサービス業の従事者にとっては死活問題で、
「米軍は出て行け」はオール沖縄の民意ではないのに、それを沖縄の総意だと言い切る。
沖縄のメディアも反対派の意見しか取り上げない。
米軍用地返還跡地の再開発は時間がかかるもので、沖縄の経済的自立の為にも、できるだけ早く
取り組む必要がある。国防上、米軍と共存するしかないのである。

 
論戦ハイライト辺野古新基地 「殴り込み」部隊の出撃拠点に 痛みは移さず取り除け山下書記局長の基本的質疑 参院予算委

最近何かと頑張ってる共産党ですが、言ってる事が正論でも、それがスンナリ通らないのが外交や
政治であり、残念ながら日米安保に関してはアメリカが主導する。
住宅街のど真ん中にある普天間の危険性を除去する為に、住宅街が少ない辺野古に移設して、
墜落の危険性や騒音問題を軽減する。飛行ルートも調整して文字通り危険性の除去が最優先であった。
移設に関しては、辺野古の住民の多くが既に賛成しており、政府は仲井前沖縄知事の辺野古埋め立ての
承認を得て、一括交付金も増額になりました。
ところが移設反対派の翁長さんが当選して空気が一転した。
昔は集団的自衛権も日米安保の重要性も認めていた翁長さんが、主張を変え共産党や社民党などの支援
を受け当選した。いくら共産党が日当払って辺野古移設反対のデモを煽っても、それは韓国人の火病と
同じであります。やっと先に進もうとする段になって話を蒸し返し、共産党に至っては普天間に限定
しないで、沖縄全土のヘリパッドの騒音問題に話をすり替える。
北海道仕様の住宅の様な、完全防音の沖縄仕様の住宅ができるかもしない。そうなっても米軍は沖縄
から出て行けというのだろうか?結局は沖縄全土から米軍基地を無くせと言う話に持って行く。
沖縄から米軍が出ていって一番喜ぶのは、共産党と中国ロシアである。
極一部に沖縄独立論もあるが、仮に琉球王国として復活しても、特別枠の一括交付金を含め振興予算で
何とか経済を維持している現状の沖縄県が、それが無くなり米軍基地関連の雇用もゼロとなれば、
中国の支援無しでは国の運営等できるものではない。そうなったらなったで、米軍の代わりに中国が
基地を作るハメになる。自分の生活よりジュゴンやサンゴの方が大切なのだろうか……。
中国がサンゴを大切にするとも思えない。
安倍政権は粛々と埋め立て工事を続けると思うが、国防と沖縄経済の自立の為に、より多くの
血税が使われる。それで中国に対する抑止力が確立されれば全然構わないと個人的には思ってます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-07 10:24 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/21690936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。