ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

アジアいんちき投資銀行(AIIB) 空中分解の可能性も

「借りた金は返すのが当たり前。こっちは税金を預かっている」麻生財務相、AIIB不参加理由を激白

中国投資銀は「絵に描いた餅」 約90兆円もの資金どう調達するの?







世界銀行、IMF(国際通貨基金)、AOB(アジア開発銀行)をアメリカ、欧州、日本が主導し
世界の途上国に貸し付けを行っています。世界銀行はアメリカ人、IMFはヨーロッパ人、AODは
日本人が総裁を務めている。なので、中々そこに中国人が入る事ができないのが現状で、それじゃあ
アメリカに次ぐNo2の経済大国となった中国が、自分とこが主導する国際金融機関を創設したいと
言う事で、AIIB(アジアインフラ投資銀行)を設立しようと言う事なんですが、以前、中国側がAOBの
総裁になりたいと言って日米に断られた経緯があった様です。
しかしながら、それ以前にまともな会計を公表できない一党独裁政権が、まともな国際金融機関を主導
する事などできないだろう。と言うワケで、アジアいんちき投資銀行とか中国国内の失業対策銀行とか
揶揄される始末ですが、いずれにしろ日中関係からして日本に何のメリットもないのは明らかであり、
アフリカやアジアの途上国での現地人と中国人就労者の確執や、中国や韓国のインフラ整備能力の問題
など課題は多い。
参加表明をしたロシアやヨーロッパ諸国が中国の言いなりになるワケがないので、中国は大いなる妥協
を迫られる事になると思います。

AOBの歴代総裁は全て日本人で財務省の天下り先でありますが、アジア最大の債権国である日本が
総裁を仕切るのは当然と言えば当然であります。ちなみに中国はAOBの最大債務国でAOB資産の25%
を借りており、麻生さんが言うのはまずそれを返してから、話はそれからだ…と言う事は全くもって
正しい。日本は中国に対して総額約6兆円のODAを行ってきました。対中円借款打ち切り後もAOBを
通して資金援助を続けております。
(円借款他で約3兆7000億+AOB経由資金援助約2兆3000億=約6兆円)
習金平は党幹部の汚職や不正にメスを入れて、地方政府が主導するノンバンクの金融商品の規制強化
に乗り出してますが、習金平本人もタックスヘブンに巨額蓄財をしてると言われてるから目的は政敵
抹殺に他ならない。共産党幹部の海外蓄財は総額400兆円にものぼるといいますが、話半分にしても
ケタが違う。闇の銀行であるシャドウバンキングの規模は、正確な数字は中国政府すら把握出来て
おらず、IMFの推計で約500兆円と言われ、中国GDP約900兆円の6割を占める。
2013年の時点で中央政府と地方政府を合わせての負債総額は約370~500兆円と推計されてますが、
中央政府の試算と地方政府の試算が全く合わないので、正確な負債総額は謎であります。
それでもまだ中国の地方ではインフラ整備が必要である事と、それに加え腐敗官僚を多く抱える地方
政府の負債が全体の7割を占めると推計されています。
頂点に陣取る共産党幹部は、国内の負債等どこ吹く風で莫大な富を海外に蓄財しており、
そういうメンタリティ国家が運営しようとする国際金融機関がどういう性格のモノであるかは
ある程度は想像できますが、一歩間違えると世界を混沌に巻き込んでしまう。
中国の軍拡路線を加速させる様な事になれば尚更で、シャドウバンキングの損失補填ならアウト。
中国が世界の常識に反して、スクランブル能力が無いのに防空識別圏を敷いた時と同じ様な感覚が、
今回のAIIBにも見え隠れします。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-13 22:52 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/21708426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。