ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

2016年米大統領選挙  ヒラリーvsジェブ・ブッシュ



オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文

2008年の大統領選で勝利を掴んだオバマ。
2009年1月の大統領就任演説では、アメリカのみならず世界中が拍手を贈りました。
アメリカ国内では、戦争大好きのブッシュ政権にいい加減嫌気が差し、オバマの新しい風に期待が高ま
り、日本国内では、コロコロ首相が代わり米国追従の自民政権に、これまた日本国民が飽きちゃって、
オバマ政権誕生の後押しもあって、消去法で民主党が政権を掴みました。
掴んだは良いが、見るも無惨な3年間でありました。
2001年9月11日、アメリカの同時多発テロを受け、ブッシュJrは親父と同じくネオコンと軍産複合体
の支援を受け対テロ戦争の名目で局地戦に深入りしていきました。
しかし長期に渡る対テロ戦争に対して「力が正義だ」にアメリカ人自身がが疑問符を付け始め、
オバマの「Yes we can 」アメリカの変革を期待しました。しかし、オバマ外交はアメリカの弱さを
世界中に露呈する結果となった。
古き良きアメリカ、力が正義だを標榜する共和党から、グローバリズムと多民族との強調を掲げる民主
党へと、時代に沿う形で移行したアメリカであったが、就任の年にノーベル平和賞を受賞したものの、
2011年のイラクからのアメリカ駐留軍撤退はアメリカの敗北を示し、二期目はオバマにとっては試練
の年とも言えるもので、2012年の中間選挙では共和党が上院下院とも過半数を占めた。
シリア内戦ではシリアの化学兵器使用に対して一旦は決めた軍事介入を断念、ウクライナ危機では
プーチンの方が一枚も二枚も上手であリ、ISの暴挙に対しても中途半端であります。
オバマ自身が「アメリカは世界の警察官ではない」と言った事もその象徴であるが、
世界には弱腰外交と映りました。

2016年の大統領選挙で、ヒラリー・クリントンが大統領になるだろうという見方が一般的です。
民主党は惨敗して共和党が今以上に議席を増やすが、共和党の大統領候補に抜きん出た人物がいない
からです。議会は共和党主流で、大統領は民主党出身と言う現在のねじれが一層強くなると予想されて
います。就任すれば、アメリカ初の黒人大統領からアメリカ初の女性大統領となるワケですが、
オバマ政権一期目で国務長官を務めたヒラリーは、外交の素人から2年間の実務経験を積んだ。
元ファーストレディと言う事で世界中で知名度はあるが、マーガレット・サッチャーとは比較にならな
いだろう。現在67歳で、タフな大統領職を全うできるのだろうか。夫のビル・クリントンとは違い、
必ずしも中国寄りと言うワケではなく、中国の人権問題については今でも敏感であり、国務長官の時に
は尖閣諸島は日米安保の防衛義務に適用される旨の発言をしています。
共和党の大統領選に出馬を決めたランド・ポール上院議員は、「連邦準備銀行(FRB)を廃止せよ」
「ISISを作り資金を出し訓練したのはアメリカとサウジ、カタールなどの連合国だ」と堂々とアメリカ
外交を批判するロン・ポール下院議員の息子で、リバタリアン(自由主義者)と言われる少数政党に
属する。言いたい事は分かるが、それを言っちゃあおしまいよ…という感じで共和党の伝統的な支持層
を取り込む事は難しいと言われております。その他の候補者達も似たり寄ったりで、
共和党員で一番の支持率を得てるのがブッシュJrの弟、ジェブ・ブッシュであります。
元フロリダ州知事で62歳。兄と較べて派手さはないが、堅実に実務をこなすらしい。
最近の世論調査ではヒラリーに迫る勢いで、その差は数%。
大きな変化がなければ、ヒラリー・クリントンとジェブ・ブッシュの一騎打ちになると予想されてます
が、さすがにブッシュ家から3人目の大統領はないでしょう……
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-04-21 09:01 | 世界情勢