ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

頼んますから安保法制は本音で議論して頂きたい!



当ブログで繰り返し述べてきた事ですが、
「世界中誰1人として戦争を好む人間などいない」という定型文は間違いです。
人類が誕生して以来オスは闘争を好みます。戦争はもう沢山だというのは敗戦国になったからです。
戦勝国で「もう戦争はいやだ」という声は少数で、アメリカ国内でそういう声は息子を中東派兵で
失ったとか、環境テロ団体や遊びほうけて暇な連中が叫んでるだけで、日本が韓国を併合して朝鮮の
国造りを進めていた頃は、戦勝国であってもちゃんとインフラ整備をやりました。その中国や韓国は
「今度は絶対に負けない」という意識の方が強く、個人も国家も抗日に勤しんでおります。
戦争がビジネスとして成立している以上、その既得権益を守ろうとする人間や組織が存在します。
麻薬も同じで絶対に無くなりません。薬物の場合は違法であり、こちら側が「絶対に近づかない・
絶対に吸わない」という固い意志があれば毒される事はありませんが、戦争と言うのは国連憲章の許に
合法であり、こちら側(日本)がいくら「戦争は絶対に反対だ」「武器は使いません」と狼煙を上げて
も、むこうから仕掛けられたら反撃しるしかない。
ヤクザは社会の片隅でひっそり生きろと言っても、知性あるヤクザはそうはいかない。それが国家
レベルとなると、楽観的妄想に浸って憲法9条は日本の宝だからとオナニーし続けていては、日本の
真の独立はほど遠い。文武両道は絶対矛盾しないし、知性があってしかも強い。そんな国家を目指して
何がいけないのだろうか。

民主党が吹聴する「徴兵制復活」 “ヒゲの隊長”が一刀両断 (1/2ページ)

自民党の佐藤議員が徴兵制の可能性について言及してますが、70年前の本土決戦のような危機は
起きない。佐藤氏は震災前のトークショーで「日本も韓国の様に徴兵制にしたら良い」という発言を
したそうですが、当時は民主党政権で、中韓にやられてばかりで、自ら自衛隊出身だから民主党への
当てつけ&教育的意味合いで言ったんでしょう。佐藤氏もここまで安倍政権が前に進むとは思って
なかった筈で、今回の安保法制議論で徴兵制の現実の話を言ったまでの事だろうと思います。
徴兵制推進派が安保法制のために裏返ったという事ではないでしょう。
実際に佐藤氏の述べる通り、ハイテクな武器システムを使いこなすには10年かかるという例えも、
高校出、大学出の18歳〜23歳から10年、28歳〜33歳で部下を従える一人前の兵士というのも
サラリーマンと比較しても頷ける。
全面戦争も局地戦も一瞬で勝負が決まる。徴兵してる時間はありません。
中東紛争は一発で決める意志がイスラエルにもアメリカにもないからです。
それと、兵士でなくともサラリーマンとして「形の違う徴兵制」に既に組み込まれているのが現実では
ないか。現実味のない「赤紙」と、知らない間に戦争に少なからず携わっているという今時の現実。
好むと好まざるに関わらず、我々は何らかの形で国防に組み込まれているのは紛れも無い事実です。
インターネットが核戦争に耐えうる通信システムの開発が発端だったのと同様に、軍事用から民生品が
生まれ、逆に優れた民生品は軍事用に転用される。国境があって領土・領海・領空という線引きがある
以上、防人は必要だし、必要最小限の防衛網が必要です。

百田尚樹氏に一問一答「沖縄2紙は嫌い」「つぶれてほしい」

自民党青年会主催の勉強会で、百田尚樹氏が「沖縄の2つの新聞はつぶさなければならない」と発言し
反発受けてますが、朝日新聞の社命が「安倍内閣を潰せ」なんだから、何も問題はないだろう。
このインタビューを見ると百田氏の発言の意図は筋が通っているし、実際に琉球新報や沖縄タイムスは
左巻きの巣窟で、中国の息がかかっているのだから、建前の批判や論議はもうヤメにしよう。
国家として文武両道を目指すには、優れた防衛力と知性ある外交力が必要です。
安保法制は日本の方向性を位置づける重要法案で、せっかく夏休みを潰して95日間も国会会期を
延長したのだから、与野党共に本音で言いたい事をぶつけあって欲しいと思います。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-06-28 08:56 | 国内情勢・世相