ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

森進一の息子がとんでもない事に








one ok rockを初めて知ったのは2013年に公開されたCG「キャプテンハーロック」の主題歌
Be the lightですが、ボーカルtakaの英語の発音が日本人離れしている事に「あー日本のロックバンド
にもこういう奴いるんだなー」と思ったくらいで、その時はそれで終わりました。
それから最近暇な時にググったりyoutube見たりしたら、海外で人気上昇中だと言う事がわかった。
おまけにtakaが森進一森晶子元夫婦の長男で、元はジャニーズにいたが、親の七光りのプレッシャーに
悩み脱退、そして家を出てバイトしながら音楽をやって今のバンドメンバーに出会って苦節10年。
圧倒的なボーカルもさることながら、ステージパフォーマンスが抜群ですね。
私は最近ハマってるニワカですが、若者だけではなく大人もエネルギーを受ける類い稀なバンドです。
私自身、若い頃はプログレッシブロックにハマって、特にピンク・フロイドに陶酔してました。
クラシックとロックを融合させたロックオペラ的な荘厳な曲調は、当時高校生だった自分には衝撃的で
した。ヘビメタやパンクは自分には合わなくて、さりとてビートルズは偉大ですが衝撃的ではなくて、
ましてや日本のヒップホップなんてお断り(笑)。日本人には絶対合わん(笑)。
頭丸刈りでタトゥー見せて中指立てても、銃社会じゃない日本ではリアル感がない。
ところがtakaの場合は、顔が強面じゃあなくて甘いマスクで少年の様に見えるから、反抗期の子供が
歌ったら凄いボーカリストで、しかも醸し出すオーラがただ者では無いと言う事で受けてるんでしょう
ね。you tubeの海外からのコメントにも「27歳?16か17歳にしか見えないわ!」なんて書き込みあり
ました。you tubeで海外ライブを全て見尽くしましたが、日本人はカラオケ多いから一緒に歌うのは
それほど抵抗ないと思いますが、外国人はノリノリで踊ったり叫んだりはするが、一緒に歌うのは苦手
みたいですね。
まあお国柄でしょうが、日本人だとバラード聞く時は静かになりますすが、外国だとそうもいかない。
ワンオクはCDよりもライブの方が楽しいでしょうね。ライブパフォーマーですね。
先月、ワーナーと契約していよいよ北米メジャーデビューです。
敏腕プロデューサーが付くと、takaのボーカルを最大限引出すアレンジや曲調に変貌してしまい、
ワンオクのパンクな面が多少削ぎ落とされるかもしれないが、それは進化の過程で仕方がないだろう。
その分ライブで発散すれば良いだろう。今現在アメリカツアーやってるようですね。
何はともあれ、日本外交の一翼を担って頂きたい。
あ、それから毎ステージ120%ぐらい出してるように見えるので、くれぐれも体調と喉に気を付けて
下さい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2015-10-21 15:11 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/22368288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。