ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

年末の御挨拶


年末の御挨拶を申し上げます。
私のブログはカテゴリは違っても、根底に天道の世界観がありますので、
得体の知れない違和感を感じる方も居られるかと思いますが、御了承下さい。
天道が宗教では無いと理解されるのはまだ先の事ですが、未来は光に満ちています。
唯、そこに辿り着く過程がこれから先、結構厳しいものがあります。
静かなる常連の皆様各位。本年は御付き合い頂きまして誠に有り難うございました。
来年も宜しくお願い致します。

2005年は身近に存在する危機を再認識させられる年であった様に感じます。
昨年末のスマトラ大地震からずっと自然災害がピンポイントで襲って来てます。
社会生活においても、昨年にも増して膿みがジワジワと染み出して来た様で、
この国などどうなってもいいから、あらゆる膿みを出し尽くしてくれ!と
言いたくなる様な年でした。
これから物質的にも精神的にも、更なる破壊に向かっているような気がします。
あらゆる分野で、セキュリティ強化の時代へと変わって行くと思われますが、
金に執着する者は金に滅び、愛に執着する者は愛に滅ぶ時代に向かう悪寒がします。
衣食住全てにおいて安全管理が課題となりますが、それにより淘汰されるのは
リスクを負いたがらない種類の人々であると思います。
来年2006年は、更なる破壊の年で覇道に邁進する国々には鉄槌が下るでしょう。
ナショナリズムの復活と化石燃料と代価エネルギーの覇権争いも激化するでしょう。
コンビニでラーメンのお湯をサービスしてくれたり、牛丼のつゆ抜きやネギだく等、
痒い所にも手が届く利便性や効率性は、社会を弱体化しているのではないかと
最近思う様になりました。大量生産、大量消費の欲求消費型社会の行き着く先は、
公の中に私を限りなく持ち込む社会で、当然環境に左右される心も公私の区別が
なくなってしまう。つまり、社会の中に分別を有する心が限りなく埋没されて
行くのである。真の循環型社会を形成する基盤はインフラではなく心の基盤である。
いや、年の瀬にネガティブ思考は辞めよう。人生は捨てたもんじゃないという
歌詞もありますから......
さてと、プライドとダイナマイトをしっかり観て、来年の肥やしとするか!
来年も宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2005-12-31 16:11 | 国内情勢・世相