ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

トリノに舞う


今回のトリノでは、日本勢はマスコミの予想を覆し惨敗の結果に終わりましたが、
最後に女子フィギアで荒川静香が見事に金メダルを取りましたね!おめでとう!
個人的には村主の憂いの在る演技も好きでしたが(銅メダルでも良かった.....)。
しっかし、一昔の選手のデカイ太腿のイメージはなくなり、皆スマートですね。
足も細いし、顔も段々と美形になりました。次は真央ちゃんですな.......
好きこそ物の上手なりと言いますが、それを芸術の域まで達するのは、如何に天才
と謂えども、やはり少年少女では無理なのだろうか。
4年に1度の一発勝負故、体調管理もシビアだろうし運不運も大きく左右する。
見てる分には何でも好き勝手な事が言えますが、やる方の身にとっては大変だ。
先日のNHKの特集で、今回のトリノからフィギアの採点方法が変更になったそうで、
審査員の主観的な曖昧な採点方法から、技術点において基準が設けられたそうで、
より客観的な審査方法になり、ロシアの女性が〃こけた〃とは言え、荒川の金は
実力で勝ち取ったものだと思います。イナバウワーという名前を知りました.....
ところで、アルペン大回転で日本人の入賞が50年ぶりの入賞とはこれ如何に。
と言うか、入賞した選手はある意味凄い快挙かもしれません。
冬季オリンピックは長野がひとつのピークで、全体的にヨーロッパ勢が相変わらず
強いですね。その日限りの真剣な一発勝負のオリンピックで、全力の極致を繰り
広げる姿は、政治色を排した世界共通の価値観を共有するものであり、母国と世界
の違いを発見でき、ポジティブな世界感を築ける良い機会でもあると思います。
要するに〃頑張る〃は世界共通語なのだ。

メダルが分散化傾向にあるらしいですが、日本の場合あらゆる種目で上位を目指す
のが至上命題になってる感じがして、楽しむ要素が少し欠けてる気もします。
スノボなどは本当に好きなんだろな!と思いますが、今回は上には上がいましたね。
また世界選手権や4年後のオリンピックで頑張って欲しいものです。
日本選手にはイチローみたいに、オンリーワンが結果的にNo,1になると言うケース
が少ない。イチローの姿は〃真面目さの進化形〃に観えます。
人間性は知る由もありませんが、地道な内なる見えざる努力の結晶のようなものが
外見から感じ取れます。

オリンピックと並行して流れる世界のニュース。どちらも現在の地球。
スポーツで一つになれるのは恵まれた国々で、遊ぶ事を知らない子供達も
世界には多い。虚飾と真実が入り乱れる中で、人は信じたいものを信じる。
今、日本とボスニアのサッカーの試合が行われてます。事実、世の中にはサッカー
しか興味ない人もいるだろうし、オリンピックとか見ない人もいるでしょう。
分散化されたフィールドに人の集合意識が渦巻く時、それは感情のピークであって、
聖なる祈りの類いとは少し違う。世界中のあらゆる場所で点滅する感情は、愛では
なく、怒号や怒り悲しみや歓喜といった、きわめて人間臭いものだ。
金メダルの荒川静香の演技には、この人間臭さをある意味超えた美しさがあった
ような気がします。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-02-28 21:56 | 国内情勢・世相