ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

国家の品格


先日のNHK「クローズアップ現代」で新書の特集をやってて、手頃な価格と
昔みたいな専門分野だけではなく、それ以外の解り易い内容が今ブームになって
大手出版社がこぞって新書を次々出していると言う話であった.....と言う訳で
ベストセラーになっている藤原正彦著「国家の品格」を読んでみました。
大体どんな内容かは想像できますが、想像した通りの内容でした。
勿論皮肉では無く、痛快な語り口で禿げしく同意した次第であります!

数学者である著者は30代の頃は論理重視のアメリカ流だったそうですが、次第に
論理だけでは解決し得ない様々な問題がある事に直面し、日本の伝統文化の形や
情緒が世界をまともな社会に戻す唯一の希望なのではないかと思う様になった。
別に合理性や論理がいけないと言う事ではなくて、論理的思考の上にそれを
統括する形が必要であると説く。
現在、日本を含めた先進国が、学生の数学離れや本を読まないとか、皆同じ様な
問題を抱えているそうで、日本で言えば真の国際人になるためには、小学校から
英語を教える必要は無く、日本の歴史や読み書きを徹底的に教えるべきだと訴える。
英語を話せるのが国際人ではなく、話す中身が問題なのだと言うが全く同意です。
日本に、そして今の日本人に一番足りないモノは気品と自信であると思いますが、
家族形態がガラッと変わってしまった現代においては、それらのささやかな慣習すら
も家族の繋がりの中で身に付ける事が難しくなりました。躾けすら外に求めなければ
ならない社会というのはやっぱり異常でしょう。
弁護士と精神カウンセラーの数がが桁外れに多いアメリカは
紛れも無く病んだ国であると言う訳であります。

<自由と平等について>
著者は自由と平等という概念は欧米社会が作ったフィクションであると喝破する。
民主主義社会においても自由と平等は衝突し、人間ですらも生まれ堕ちた瞬間から
自由はないと捉える。確かに論理的に考えれば社会には様々な規則や制約があり、
倫理や道徳に縛られ生活しなければならないと思いますが、人間は機械ではない
のだから、心の自由においては無限の可能性を秘めています。
日本人の異質性については昔から言われている事ですが、人として大切なものを
神と契約しなければ学べないキリスト教社会に較べ、日本人のDNAには、学ばなく
ても生まれながらに身に付いている何かがあり、自然と人間は一つであるという
感覚を備えている類い稀な人種であるというのは間違いではないと思うし、それが
日本人の特性だと感じます(もっとも現代の日本人に、それが汚染されつつあるの
も事実でありますが...........)。
自由と平等は論理的に説明できないものであることは著者も認めていますが、
それ故に、事あるごとに自由や人権を強調するアメリカの言い分は当時の王政に
対抗する為の大義名分としては論理的に正しかったが、合理性や論理性を突き詰めた
結果である今の世界においては、自由と平等は本来の崇高な本質から中身が抜け出し、
万人向けの単なる美しい言葉に成り下がっていると言いたいのであります。
私見を述べると、〃輪廻転生の名の許に人間は皆平等である〃になり、
自由に関しては、〃輪廻の鎖に縛られている人間は自由ではない〃になります。
しかし、自由も平等もその本質は高い精神性の中にのみ存在すると個人的に思って
います。この本には藤原氏の宗教感が詳しくは述べられてませんが、「神は矛盾を
犯さないから自由と平等が神から与えられたと言うのは真っ赤な嘘だ。何故ならば
自由が不自由を生み、平等が不平等を生む現実においては自由と平等は両立しない
からであり、結果、神は自由も平等もこの世にはもたらさなかった(要約)」と
述べています........

<日本の役割>
共産主義が滅び、資本主義もその根底が大きく揺らぎ始めた現在、少なくとも
マネーゲームを良しとする輩はそういないでしょう。市場原理主義にしても
富が大衆に還元される訳でもなく、ほんの一握りの階級が独占して行く事に
変わりは無い。この移ろい易い現実に飲まれて、必死こいて〃勝ち組〃になろうと
もがく事は決して無駄な努力ではないけれど、もっと大事なものは、すぐ散って
しまう桜の花びらを美しいと思い自然と同化するその感受性であり、日本人の根底
に流れる情緒であり、敗者への同情や慈愛や正義などを中核にする武士道精神の
復活が必須であると著者は強調する。
私もほぼ同意で、ライブドア事件を反面教師として日本人の徳性に火が点いて
欲しいと思います。昔の日本人は貧しくても品があったそうであります......
多くの日本人が慈愛や道徳を個々に心がければ、自ずとして国家の品位も上がる。
他者への心配りや気配りは少し廃れたとは言え、まだ健在で日本人の得意分野で
あります。世界がこの価値観を認めないのであれば、間違いなく世界は滅びます。
それでも何らかの形にして、この心意気を世界に伝えなければならないと思います。
著者に言わせれば、例え世界の経済がメチャメチャになっても、〃たかが経済〃
だそうである。心が瓦礫の様に崩れ去るよりはずっとマシだという訳であります。
それでは皆様方!襤褸は着てても心は錦でGO!!!マッハGOGOGO..........
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-03-31 20:09 | 国内情勢・世相 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/2903959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心の幸福と宗教の世界 at 2006-04-03 23:29
タイトル : 一神教と多神教
一神教と多神教の違いは、一神教が馴染む地域では一神教が説かれ、多神教が馴染む地域では多神教が説かれたという違いなのでは・・・... more
Tracked from AML Amazon L.. at 2006-05-28 13:27
タイトル : スカイ・ハイ
スカイ・ハイ... more