ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

亀田のマナー


ここ2,3日格闘技が続きましたが、5月5日は亀田の日と言う事で、個人的には
亀田兄弟のパフォーマンスは〃大嫌い〃ですが、一応見ときました。
相手はかなり格下で、勝つのは当然で〃どんなもんじゃい〃と言われても......
K-1やプライドで魔裟斗や山本KIDなど、ある程度実力が伴ったビッグマウスが
受け始めて、マイナーイメージが強いボクシング界も、負けじとばかりにスターを
作り上げたいのか、異端である亀田一家をマスコミとタイアップしてエンタメに
押し上げてしまった。
具志堅や輪島の頃から較べると最近は、〃怖いもの知らずのイケ面タイプ〃が受けて
るのかもかもしれませんね。女性ファンが急増してますが、ファンも含め、上には
上がいると言う事を見ようとせず、逆に知らないがゆえの勢いがある。
試合前の不快感漂うパフォーマンスに較べ、興毅、大毅共に冷静な試合運びで、
確かに強いんだろう。メンタルな部分では親父の影響が大で、完全なスパルタで今時
珍しい親子関係だと思います。しかし、言葉使いまでは教える時間が無かった様で、
あの尊大な態度はどうにかならないのか!少し異常である。
応援に駆けつけた有名人は招待されたんだろうけど、周りの大人達は何も言わない
のだろうか。あのキャラで行こうという事なんだろうけど、不快極まりない!
礼節を著しく欠く、あぁゆぅ態度や言動は〃日本人の恥〃であります。
よって今度の世界戦においては〃ぜひ負けて欲しい〃と心から願います!
早い段階で負けた方が、本人にとって良いのではないか.....

確かに世界のスポーツ界で活躍するする現役選手は10代〜20代の若者が主流だ。
だから、19歳や17歳のプロ選手を悪戯に〃子供〃と言うべきではないのかもしれない。
しかし、社会人としてはまだ未成熟の年代である。
日本は外国と較べてスポーツバカを育て過ぎの感があって、現役を終えると大抵は
その分野の後身育成に進むが、外国では、引退後は違う分野に進むケースもあって、
選択肢が広い。極端に言うと日本は顔が可愛い→モデル、ケンカが強い→格闘技の
パターンで、モデル級のスタイル→しかし絶対に医者になりたい!と言うような
意外性が少ないので、皆似たり寄ったりの横一線。
亀田兄弟に迎合するマスメディアと亀田ギャルに、異常さを感じる今日この頃で
あります........やらせもイイ加減にせぇよ!と言いたくもなりますね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-07 21:11 | 国内情勢・世相