ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

格差社会をブッた斬る〃神の慮り(おもんばかり)〃


市場主義経済の加速で、貧富の格差が広がる傾向にあります。
成功したきゃ知力を尽くして頑張れ!それが勝ち組だ。頑張らなかった奴に
富は与えられない。そんな弱肉強食の社会に、皆そろそろ飽きても良い筈であるが、
世の中の潮流がそれを許さないらしい。
人間は霞を喰って生きている訳ではないから、何かしらの飯の種を持たねばならず、
畑を耕さない農耕民族になってしまった日本人は、狩猟民族のテリトリーで勝負を
余儀なくされていますが、幸せの価値観を心に置く日本人も未だ少なからず。

★既にネットで紹介されているので、御存知の方も多いと思いますが、
 ここに改めて御紹介致します。私の心の琴線に響きました.......
 ニューヨーク州立大学病院の病室の壁に書かれていた患者さんの詩だそうです......

  大きなことを成し遂げるために
  力を与えてほしいと  神に求めたのに
  謙虚さを学ぶようにと 弱さを授かった

  より偉大なことができるようにと 
  健康を求めたのに
  より良きことができるようにと 病弱を与えられた

  幸せになろうとして 富を求めたのに
  賢明であるようにと 貧困を授かった

  世の人々の賞賛を得ようとして 成功を求めたのに
  得意にならないようにと 失敗を授かった

  人生を楽しもうと たくさんのものを求めたのに
  むしろ人生を味わうようにと シンプルな生活を与えられた

  求めたものは何一つとして 与えられなかったが
  願いはすべて聞き届けられていた
  私はあらゆる人の中で
  もっとも豊かに祝福されていたのだ
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-05-14 20:50 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/3091927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by わっそ at 2006-05-14 21:39 x
競争社会なのは、狩猟民族ではなくて農耕民族です。

狩猟民族は、必要なときに必要なだけ獲物を得ることができるので、他者と争うことはありません。
一方、農耕民族は、収穫量が限られるため、分け前を少しでも多く分捕ろうと、上の位に競って目指します。トータルの収穫量を増やすためには、他の集団の土地を奪って耕地を増やさなければなりません。そのために、戦争を起こして、同じ人間を殺します。
Commented by gyou-syun-u at 2006-05-14 22:05
早速のコメントありがとうございます。
狩猟と農耕に違和感があるならば、肉食と草食に変えてみましょうかね。主として狩猟民族は他の動物の生命を奪い取り、農耕民族は
自然の恵みに感謝する。エスキモーとか厳密な意味での狩猟民族は
他者と争わないでしょうが、日本も含め近代国家はほとんどが弱肉強食の動物的社会である事に変わりはないと思います。
Commented by わっそ at 2006-05-18 23:37 x
>主として狩猟民族は他の動物の生命を奪い取り、農耕民族は
>自然の恵みに感謝する。

全くの逆です。正しくは
「主として農耕民族は他の生命を奪い取り、狩猟民族は
自然の恵みに感謝する」
です。私の当初のコメントをお読みいただければ理解できると思います。
Commented by gyou-syun-u at 2006-05-19 21:17
それは貴殿の一意見として伺っておきましょう。
見解の相違ですね。ところで、この記事のテーマは「神の慮り」という
詩なんですが.......ヨロシコです。