ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

教育基本法改正に起死回生を期す


昨今の公務員や教職員の不祥事、いじめの問題、そして産婦人科のたらい回しなど、
これでもかと言わんばかりに、心が落ち込む社会の風当たりですね。
安倍内閣は教育基本法の改正に本腰を入れて頂きたいです。

TVで古くはドリフターズから、そしてとんねるず、ダウンタウンとボケとツッコミで
相手の頭を叩いたり、弱者を晒しものにして嘲笑するゲームや風潮がゴールデンを
支配し続け、現在もお笑い芸人がその後を継いで日本国民総白痴化に向けて邁進してる
訳ですが、感受性の強い子供達は少なからずその影響を受け育っていく。親もTVの
影響力には敵わない。冗談と本気の使い分けが未熟な年代では尚更である。
文部科学省へのいじめの報告がゼロであるというのにも開いた口が塞がりませんね。
訴訟や責任問題を恐れてるという事らしいですが、その前に教育者でしょうが?
福岡のいじめに加担した先生は即刻教師を辞めるべきであろう。と言うか戻れないだろ。
いつも不思議に思うのは、これだけ格闘技が盛んで少年誌も格闘系がワンサカあるのに、
いじめを止めたというのは聞かない(勿論そんな事がニュースになる訳無いのですが)。
本当に止める少年は一人もいないのか?そうではないだろうが......
世の中は良い奴悪い奴、才能のある奴ない奴、心優しい奴そうでない奴など、
いろんなタイプの人間が混ざり合って社会を形成する。学校とはその模擬社会である。
だから、自分とは異なるタイプの人間とコミュニケーションする術を学び合う練習を
する場であり、決して学力を優先する場所ではないと思います。そしてその方法を
生徒とともに築く、それが教師の役目だと私は思うのです。
それといつも報道されるのは被害者で、加害者の実名も報道しろと声を大にして
言いたい。いじめの場合具体的な外傷が無ければ簡単に風化されてしまう。
CMではないが、言葉は暴力を含むのである。
少年法もほとほと改正して欲しい。被害者の少年の御冥福を祈るとともに、
因果応報で加害者達もこれからの人生の中で必ず報いは来るのだと思い知って欲しい。
本当に強い人間が弱い者をいじめたりするものか。要はチンピラが増え過ぎですよ......

必須科目を教えなかった高校ががいくつもあるそうだが、受験生にとっては文科省の
指導要領よりも先生の受験指導の方が大事なのだろう。こっちの方は全く同情する気に
はなりませんね。学力低下と生徒の二極化。予備校化する高校。
高校でバランスの良い学力をつけさせ、大学で徹底的に専門分野を学ぶ方が良いと、
個人的には思いますが、入試より卒業を難しくするべきだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2006-10-25 20:37 | 国内情勢・世相 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/4071642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。