ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

北の酒盛り


金王朝が崩壊するまで北朝鮮ネタは尽きないワケですが........
米朝直接対話を経た6者協議で初期段階措置としての詰めが行われてますが、
最終的には全ての核施設の封鎖。その見返りにエネルギー供給と経済封鎖の一部解除。
北はヨンピョンの核施設は封鎖ではなく凍結を要求。封鎖と凍結では全く違う。1994年の
米朝枠組み合意での核施設の凍結後も北は核を研究し続けてきた。その結果がこれだ。
北は封鎖を凍結にしろと言い重油の供給量を50万tから一気に200万tに引き上げて
来た。その他経済支援だけではなく、テロ国家呼ばわりを取り下げろとか、それ以上の
見返りを求めている。まったくふざけた話ですが、初期段階でこのザマなのだから難航
するのは当たり前でしょう。
北は長年の電力不足でボイラーに使う重油が底をついてるから今すぐにでも欲しい。
その他軍用車輛の燃料も足りないだろう。このままほっとけば北は身動き出来なくなる。
経済援助などやりたがるのは中国と韓国だけで、韓国は50万トンは受け入れる用意があると
言ってますが、拉致問題を無視され続けてる日本が何で援助しなければならないのだろうか。2005年度で日本のGDPはアメリカの約12兆5000億ドルに次いで世界第2位の
約4兆8000億ドル。地球温暖化の元凶と成りつつ有る中国は6位で約1兆8500億ドル、
がんばってる韓国でも約7200億ドルで13位。
一人あたりのGDPは別としても、とりあえず中韓との国力の差はある。
日本抜きでは経済援助は功をなさない。日本はイヤだとごねれば良いのだ。
この問題に関してはアメリカのご機嫌を伺う必要はまったく無い。
ここに来てロシアが拉致問題の部会を作るよう働きかけてるそうですが、意味深ですね。
北への経済支援はあくまでも体制維持の手段に過ぎないが、日本の経済援助は少なく
とも長期的視野を見据えるモノだ。
北朝鮮の飢えで苦しむ人達にちゃんと米が届くのなら送っても良いと思いますが、
そうではないのだから。北の外務次官もイタリアンレストランで酒かっくらってる場合
じゃないだろう。余命いくばくもないのは金正日もバカブッシュも同じであるが、
延命と体制維持に関しては中国も同じである。北の核開発完全放棄は、金正日の亡命か
クーデターによる体制崩壊以外にあり得ないと思います。
崩壊の後であれば日本はいくらだって人道支援をするだろう。
6者協議、窮鼠猫を噛む。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-02-11 16:56 | 世界情勢