ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

利用される9条


安倍総理の進める憲法改正の動きについて、護憲派改憲派が反応し始めました。
私は改憲派ですが、特に9条改正について即戦争突入と思われるのが何故だか理解に
苦しみます。軍拡ではなく自衛隊もしくは自衛軍の明確な目的を明らかにするという事を
望んでいるだけです。戦争となれば9条があろうとなかろうと、攻められる時は攻められる訳
で、9条があるというだけで日本に侵攻するのをやめようと言う国など存在するのだろうか。
それに9条のおかげで日本が平和になったと思うのは大いに疑問で、中国がベトナム戦争で、
米国を麻薬浸けにしたように、9条の存在を極論すれば、日本国民を快楽主義刹那主義
拝金主義に変貌させた諸悪の根源のようにも思えます。現代日本人の生き様を変えろと
言っても社会構造がそのような仕組みになっている以上無理であります。
日本人の美徳も〃昔日本人には美徳があったらしい〃と過去形になりつつある。
他国を侵略しません。武器を持ちませんなどは非常に抽象的で、逆に普通の人間のある
べき人道であるが、そのような倫理をわざわざ憲法として組み込んだのは、敗戦国として
手カセ足カセを嚼ませる必要があったというだけの事である。
国を守る交戦権も認めないとは、「殺されそうになっても抵抗することは認めません」と
同義であり、〃奴隷〃と同じである。私は奴隷になるのはイヤですから......
自衛軍もダメというのなら危機管理組織でも良いでしょう。理想や夢は失っては
ならないと思いますが、現実もしっかりと見据える必要があるのではないでしょうか。
お隣の中国や韓国や北朝鮮は日本に交戦を放棄した9条がある事を自国民には知らせず、
事あるごとに、日帝の復活だの軍備拡張などはやし立てます。
護憲を主導しているのは紛れも無く中国であり、その陰で着々と軍拡を進めています。
日本には言い訳を与えないというのはある意味凄いですけどね.......

女性と子供の意見ほど政情を不安にするものは無いと思います。この世は天国と地獄が
同居する次元であり、嫌いな番組はチャンネルを変えれば済みますが、ミサイルや砲弾は
そういうワケにはいかない。日本国民を本当に守るというのならそれ相応の装備は不可欠
であり、曖昧な9条解釈をどうにかしろと言ってるだけです。
何も核装備をしろと言ってるのではなく、先制攻撃は行わないとしてもディフェンス能力を
真っ当なものにしたら如何か?と言ってるワケですが、それをいきなり世界中に戦争しに
出掛けるというイメージに作り替えてしまう〃勢力〃の方が怖いと思いますね。
教師が体罰を禁止されて悪ガキになめられてる現状と同じである。
毅然とした態度は外交上は特に求められ、釈迦老子孔子が諸国を漫遊していた時代なら
いざ知らず、徒手空拳で渡れる世界ではもはやなくなった。国旗を焼いてデモ行進する
輩とタイコ鳴らして平和を唱える坊主も同類であると感じます。
イスラム過激派の叫ぶ〃聖戦〃は憎しみの波動砲に過ぎす、聖戦とはほど遠いもので
ありますが、覇権主義のストッパーにはなっている。憎しみのDNAは親から子・孫へと受け
継がれ、アメリカに亡霊の如く憑きまとうのである。
アメリカがその悪因縁を解消する手だては限られていると感じます。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-05-07 22:19 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/5351017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。