ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

武士は喰わねど高楊枝


Compliance(法令順守)を強調する企業が増えてますが、モラルの薄い企業も多々
在るのは事実です。美しい国を目指すには、汚れた膿をドバッと出す必要がありますが、
何時迄たっても後からジワジワと滲み出て止まる気配がありませんね。
人間の免疫力は中々なモノで、多少の混ぜ物ミンチを喰っても大丈夫であります(笑)。
つい5,60年前の日本人の多くは食うや食わずの生活で、現代日本の飽食グルメ馬鹿の
時代に比べ、生きる力は旺盛だったと思います。

北海道ミートホープの挽肉混入問題は、耐震偽装から延々と続く日本の闇である。
おまけに〃国家の振込詐欺〃と揶揄される社保庁の年金問題など、お上の信頼度は
以前にも増して急落しています。ミートホープの社長は〃昔の肉屋の感覚でやっていた〃
と言ってますが、肉屋はタブーである同和問題も絡んでおり政界と食肉業界の癒着も
当然あるだろう。要はクズ野菜の再利用と同じであるが、今回は食品衛生上、非常に
問題があったと言う事だが、全てを明らかにすれば、この国はガタガタになるのでは
ないか。渋谷区松濤のスパ爆発事故もコンプライアンスを怠っていた結果でしょうが、
法令順守は確かにコストはかかるが、目先の利益追求よりも長い目で見た場合の社会的
貢献度や信頼度を勝ち得るには必要不可欠なものであり、安全性や環境と利潤は相反
するものかもしれないが、流れはエコ一直線である。
中国製品の有害物質含有問題は、中国のアキレス腱である。北京オリンピックを目前に
して中国政府はやっきになっているが、何処迄改善できるのだろうか?
ひょっとして内情はミートホープよりもひどいかもしれない。上海ガニなど何のエサ
喰ってるか解らないらしい。中国人は何でも胃袋に入れるから構わないだろうけど......
米下院外交委員会で慰安婦決議案が可決されましたが、だからと言って日米関係が大きく
揺らぐことはないのだが、ロビー活動の力学と、金で動くアメリカ議会の証明となって
しまいました。戦時中は何でも起こり得るものだ。問題は未来にその負の遺産を引き継
がない事だろう。今現在の日本、今現在の韓国、今現在の中国のリアルな姿が問題なの
だと思います。それにしても日本では市民団体のデモ行進は見ますが、海外の様な過激な
抗議はしばらく鳴りを潜めてますね。日本人は知的なのか馬鹿なのか、それとも心優し
過ぎるのか。年金問題にしても他国であれば暴動が起きているかも知れない。
国の借金と同じで大き過ぎて実感が湧かないのだろう。年金を受ける層にとっては死活
問題でもあるが、若年層にとっては殆ど他人事の様に映っている筈である。
「皆が貰えなければ怖く無い」のである。
ボーダーレスの世界で、私達は飢えや貧困を簡単に目の当たりにするが、脳が感じる
貧困と舌で覚える貧困(厳密に言えば舌も脳が感じるのでありますが)では次元が違う。
上を見ても下を見てもキリがない。
ありがとうとごめんなさいを同時に言わなきゃならない世の中は結構シンドイ。
..................武士は喰わねど高楊枝................うーむ.......
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-06-28 20:45 | 国内情勢・世相