ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

風化させるな女子高生コンクリート詰め殺人事件


先日のNHK「クローズアップ現代」でネット問題が話題になリ、その中で先の山口の母子
殺害事件の加害者側の主任弁護士宛に〃懲戒請求書〃が千通近く届いているいう話があり
ました。勿論送り主の多くは2chねらーだと思われますが、どんな極悪人にも弁解する権利
はあるのだから、弁護人がつくのは当然でありますが、あの主任弁護人の態度と口調は
世間的にも受けは悪いでしょう。まるで全てが検察側のデッチ上げで、まるで事件はなかった
かのようなそぶりでありました。2chはある意味、勧善懲悪のスケープゴートを探し求めて
ストレスを発散させる為にあるので絶好のターゲットとなったワケでありますが、ねらーで
なくとも首を傾げる話です。

これに関連して少年法で物議をかもした、1988年〜1989年に東京足立区綾瀬で起きた
女子高生コンクリート詰め殺人事件のスレッドが未だに続いているのに驚いてます。
あの身の毛もよだつ様な残虐な拷問と陵辱は、活字ですら追う事は辛い。
猟奇殺人の極みであり、とても人間がやった行為とは思えない。主犯格の4人は実刑を
喰らい刑務所に入れられましたが、間接的には100人くらいが関与しており、黒幕は未だ
捕まっていないというから驚愕します。
その主犯格A(37歳)は懲役20年の刑で千葉刑務所に服役していましたが、秋篠宮親王の
長男誕生に伴う恩赦で今年2月2日に釈放された模様です。
しかしながら、Aは新たな組織を立ち上げるとネット上で流布されていますね。
他の3人は既に社会に出てます(一人は再犯)が、一生苦しむでしょう。
この事件は少年の更生などという生温い問題提起を吹っ飛ばしてしまう程のインパクト
がありました。主犯格にたったの20年とは誰しもが思う筈です。
4人全てに死刑というのがまっとうな判決でしょうが、無期懲役と言っても平均で
17~18年で仮釈放されるみたいですね。
2chのスレッドのみならず、事件のサイト等には加害者達の住所や履歴などが詳細に暴露
されていますが、ある部分においては、風化させてはいけないという大義名分の中に、
執拗とも思える程の加害者への憎悪がマニアックな風合いを秘めて込められており、人民裁
判的な言葉による大衆リンチ的な風潮は、この事件の性格の異様さを物語っています。
凶悪犯罪者は現世での人生を諦める以外にないと個人的には思います。
罪を憎んで人を憎まずは閻魔大王の言うセリフであって、習い染めた悪癖はそう簡単に
矯正できるものではありません。
それに加えて因果応報は加害者の親族含め多方面に波及するでしょう。
当時は加害者の人権がどーのこーので、実名を晒したのは週刊文春だけであり、主要
マスコミはあまりの残虐性に事件の大枠だけを報道するに留めた記憶がありますが、
社会的影響が大き過ぎると判断したためでしょうが、その流れが今日の少年法を骨抜きに
して来ました。おまけに社会的地位のある親の子息にはとてつもなく甘い構造である。
未だに世界中で政治犯が虐待や拷問を受けています。このような現実が隠される限りに
おいて、いくら人類が世界平和を望んでもそれは「絶対叶わぬ話」でしょう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-07-11 00:54 | 国内情勢・世相