ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

福田総理に何を期待しよう。


福田新総理が決まり、新しい党三役も発表されました。
麻生さんが意外に健闘しましたね。いずれにせよ解散総選挙になるわけですから、
今回の内閣はつなぎ内閣ですが、それでも重要な問題が山積みです。
インド洋での給油を含むテロ特措法問題。朝日がリークした海上自衛隊補給艦の
2003年のイラク戦争時の給油問題(間接的にアメリカ空母に渡っていた)を、
先週の古館ニュースステーションで、麻生氏は激怒しテレ朝の捏造だと否定した。
テロ特措法の対象は、アフガニスタン周辺に限定されているため、アメリカの
イラク作戦は、その対象外にある。
空母キティホークの燃費は1日20万ガロンだそうで、日本が提供したのは80万ガロンで
あると防衛省が当初の20万ガロンから訂正。しかしNPO及び民主が確認したアメリカ
海軍のHPでは、日本から8600万ガロン以上の燃料補給を受けたとしている。
(現在は削除)。空母が4日間動くのと、3ヶ月以上動くのではえらい違いだ!
政府は、OIF(イラクの自由化作戦)とアフガニスタンOEF(不朽作戦)の読み違えだと
言うが、これが事実なら、我が国の憲法では違反になる。
国際法上では集団的自衛権の行使は認められているが、我が国の憲法解釈上では
そこが曖昧になっています。故に9条は改正が必要なのである。

福田路線は話し合いと妥協の政策で、性善説が前提であります。
アメリカ共和党候補の会議で、強力な影響を持つ全米ライフル協会はこう述べる。
〃人を殺すのは銃であって人ではない〃.....人間の愚行をモノのせいにするのである。
こういう価値観が多勢のアメリカと、福田氏は対等に渡り合えるのか、大いに疑問である。

金正日痴呆症説が流れてますね。
真偽は定かでは在りませんが、米中の合意は裏がなければ実現しない話ではある。
日本では政権が交代するまでは、暫く拉致問題は遠のく形になるでしょう。

イスラエルがシリアの各施設から北朝鮮から渡ったとされる核物質を押収......
これが事実なら北の施設が例え無力化しても、既に核拡散は始まっていたと言う事に
なり、アメリカの目的とはズレてしまう。しかしアメリカ国内の権力闘争が伺えますね。
イランの核問題も、状況次第では最悪第三次世界大戦に発展するかもしれない。
イスラエルはイランが3ヶ月位内に核開発をストップしなければ、核施設を空爆すると
述べましたが、アメリカ政府は「イランが核兵器を完成するのは2010年頃だ」と述べ
イスラエルを牽制している。イスラエルはアメリカや世界の安全よりも、自国が生き残る
事に必死であり、超現実路線である。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-09-24 13:32 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/6217142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。