ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

佐世保銃乱射事件


今回の散弾銃乱射事件の容疑者が自殺した以上、真相は闇の中である。自殺の
道連れの可能性もあるだろう。報道によると容疑者は普段から奇行が目立ったと言われる。
散弾銃所持許可も3年に1度更新しなければならないそうだが、チェックが甘かったのだ
ろう。自衛隊や警察官じゃなくて迷彩服着てサバイバルゲームする愛好家の人達も、
その気になればモデルガンじゃなくて、とりあえずは本物の銃を手にする事ができるのだ。
無数の玉で鳥では無く人間を撃った。如何に小粒の玉と言えども至近距離から撃たれたら
致命的だ。死に至らない場合でも、玉は摘出が難しい場合もある。
西部劇のショットガンはクレー射撃に変わったが、戦場ではフルメタルジャケット弾になり、
貫通能力を増し、装甲も貫通し物理的損傷を大にする。
それでも人体に入り込んだ弾頭がとんでもない角度を描き内部をメチャメチャにする加工も
あり、それが人道に反すると世界は言うのだ。弾丸ひとつ取っても苦痛を最小限に抑えると
いう大義名分があるらしい。武士の情けは世界共通であるが、日本人は刀を捨てた。
奪われたのかもしれない。包丁買うのに規制は無いが、飛び道具は規制を厳しくする
必要があるだろう。
[PR]
by gyou-syun-u | 2007-12-17 00:18 | 国内情勢・世相