ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

嵐の前の静けさの中


今年はアメリカ大統領選と北京オリンピックという二大イベントがあります。
北海道では洞爺湖サミットも開かれます。
アメリカの良心が戻るのか否か、そして中国がオリンピックを契機に変われるものが
あるのか否か。民主党指名争いのヒラリー、オバマ両氏のバックが気になりますね。
かってのアメリカがそうであったように、中国やロシアでは億万長者が続々誕生して
います。ロシアの場合は多くはエネルギー成金、中国はIT成金でバブルの危機を
抱えてますが、いずれにしろ拝金主義まっしぐらである事は間違い無い。
中国共産党が全ての国民を抑える事は不可能で、崩れる時は一気に崩れるだろう。
世の中から武器が無くなっても、人間は文字や言葉でケンカしてしまう。
ならば、一番智恵のある者が武器を管理してしまおう。それがアメリカの論理だが、
更にその上をいくのが、世界総背番号制のキャッシュレス社会を目指す世界の首領達で
ある。二酸化炭素排出量がビジネスになり、バイオ燃料の為に大豆争奪戦が起きてしまう。
貧しい国のトウモロコシより、富める国のガソリンの方が優先されるのである。
エコが環境破壊の一翼を担うとは。現在、世界終末時計は5分前を指してるみたいですが
パキスタン情勢及びイラン、北朝鮮の核問題にもカタは付いておらず、火種が鎮火する
気配も無い。

今年の正月は穏やかですが、この静けさはいつ迄続くのだろう。
もしかして世界を変えるのは、トヨタやホンダではなくて秋葉原か?
いや.....そんなのあり得ねぇ......それもありかも(笑)
今NHKで「英語でしゃべらないと」やってますが、ふとそんな事を思いました。
日本のアニメ・音楽・ファッション.........日本の現代文化の浸透力は如何程か。
ゲストの麻生太郎氏が告白しましたね...「2chに昔、書き込んでました」(笑)
難しい顔して世界を語る事だけが能でもないだろうし、かと言って達観もできない。
柔らか頭で、何とか世界と繋がりたい。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-02 23:14 | 国内情勢・世相