ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

夫婦で挑んだ白夜の大岩壁


一昨日のNHK特集を見ました。
知り合いにプロでは無いが、ロッククライミングが趣味の御夫婦がいるので
尚更、食い入る様に見てしまいました。グリーンランドの白夜の岩壁オルカに挑んだ
のは山野井夫婦と同じクライマーの木本哲氏の3人。
山野井泰史氏は世界最強のソロクライマーであるそうだ。
随分昔、平山ユージと言うロッククライマーを、世界選手権の番組で見た事がありましたが、
それ以来、特に山に縁が無い私は、この人の名前は知りませんでした。
今回この番組を見て非常に感銘を受けました。
5年前山野井御夫婦は、ネパールとチベットの国境にあるギャチュカンの登頂に成功後
雪崩に逢って凍傷になりながらも生還。二人とも凍傷で多くの指を失った。
この遭難の時、泰史氏は雪崩の衝撃で目が見えなくなり、下山しようにも岩の割れ目が
見えない。ならばと凍傷を覚悟で手袋を外し素手で岩壁を掴んだそうで、外気は
マイナス40度。当時の写真には真っ黒な指先が映ってました。
この遭難で泰史氏は手足の指10本、奥さんの妙子さんに至っては両手の指10本を
失った。クライマーにとっては致命的であるが、二人とも諦めない。山が大好き、
リハビリを続け、今回の挑戦となった。奥多摩で自給自足の生活ながらも、山に関われる
今の生活が一番幸せなんですよ.....と笑顔で話してましたね。

泰史氏は2年前のasahi,comで次の様に述べてますね。

........命をすり減らしてまで、どうして登るんですか。

「美しい山、未知の世界に触れてみたい、自分の肉体を試してみたいというのもある
 けど、それだけじゃないですね。「ゾーン」というじゃないですか。集中して自分
 が普段持てないような力を出すとき。気持ちいいですよね。周り何キロにもわたって
 誰もいない。薄い酸素を吸って、強い紫外線を浴びて。空は水色じゃなくて紺色なん
 ですよね。そうするとね、制御しなくてもゾーンに入りやすいんです。もしかしたら、 
 今年もそれを味わいたくて、というのは少しはありますよね。普段じゃない自分を
 体験したい。」
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-09 22:13 | 国内情勢・世相