ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

男の真ん中で居たいじゃないか!岩手裸祭り〃蘇民祭〃


岩手県奥州市で毎年行われる裸祭り〃蘇民祭〃の観光ポスターが、JR東日本により
掲示を拒否されたニュースで、JR東日本が掲示を取りやめた理由は「一部の人に不快感を
与えるから」と言うものであります。
一部の人というのは、フェミニストになりきれないフェミ女でしょうが。
おまけに最近は、この祭りにゲイやそれに類するカメラマンが押し寄せているという
記事も目にします。今回、このポスターをTVで初めて見ましたが、申し訳ないですが、
吹き出してしまいました。何であんな顔なんだろうと思ったのですが、あの表情は
昨年の〃蘇民祭り〃のクライマックスで、蘇民袋(護符)を勝ち取って勝利の雄叫びを
挙げている瞬間だそうです。理由は解りましたが、アングルがいかん!(笑)
この写真は既に掲示板から削除されてますね。

ポスターのモデルは、奥さんと娘さんがいる地元奥州市に住む38歳の会社員佐藤さん。
佐藤さんは、次の様に述べてます。

「いまだに正式な連絡は一切なく、友人から『お前の裸がインターネットで話題に
  なってるぞ』と知らされただけです。セクハラといいますけど、何と言っても親
 から もらった大切な体で、たまたま体毛が濃かっただけなんですよ。ヒゲだって
 自分の 意志で伸ばしているだけ。胸毛や体毛が少ない人は、見た目が良いから
  エラいということなんでしょうかね」
 
佐藤さんは20年以上も祭りに参加しており、世話役も兼ねるベテラン。
それに祭りの前には参加者は皆精進するそうであります。
だから純粋で朴訥であろうと想像します。只、JRの判断は胸毛や体毛がセクハラ
と言うだけではなく、ゲイ関係者の逆差別を畏れた総合的な判断でしょう。
私にそのケはありませんが、ホモビデオのパッケ−ジの構図くらいは知ってます(笑)。
そのまんま通じる表現であるのは知る人ぞ知る事で、同じ〃歓喜〃でも意味合いが
違って来ますね。佐藤さんに非が無いのは当然ですが、問題はカメラマンとデザイナー
であろう。インパクトを与えるつもりが、衝撃では無く笑撃になる事を予想できなかった
のか、それとも意図的なのか。女人禁制の由緒在る裸祭りなら、もっと神聖なポスター
を作ってしかるべきだろう。昨年のポスターと比較してみると、やはり笑ってしまう。
ご免なさい.......
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-10 21:05 | 国内情勢・世相