ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

ジェリコ



イスラエルが新型の長距離ミサイル実験に成功、核搭載可能


建国以来、毎日が戦争のイスラエルにとっては、株安も地球温暖化も関係ない。
最後迄生き残る事が、イスラエルという国家の最優先事項なのだろう。
イスラエルの核保有についてはアメリカも目を瞑っている。故にイランの核政策だけを
非難しても筋は通らないのであるが、イスラエルもアメリカの言いなりになる国では
ない。かと言ってイスラエルの行動が、全世界全てのユダヤ人の総意でもない。
成功したユダヤ人達とイスラエル右派の精神構造が全く同じというわけでもないだろ。
長距離ミサイル「ジェリコ3」の射程距離は約4500キロだそうですが、イラン・インド・
パキスタンを射程に収める事ができる。ドツボから中々抜け出せない中東諸国ですが、
パキスタンも参戦して、今年は危ない年ですね。問題は核弾頭搭載の技術をイスラエル
が有することです。アメリカから購入した戦闘機を自国用に改造する国で、諜報と謀略で
国家の存亡に挑む。四国とほぼ同じ大きさの国イスラエルにとって、敵は全世界である。
世界から誉められた事のないイスラエルですが、私は親近感を覚えてしまうのです。
きっとイスラエルの奥底に何かが眠っているのだろう。
中国とインドもそれぞれミサイル開発を進め、中国はインドのライバル、パキスタンに
軍事援助を続ける。中印国境問題が残されていますが、14日、中国の温家宝首相は
北京を訪問中のインドのシン首相と会談し「戦略的協力パートナーシップ」を強化する
事で一致した。互いの軍拡には目をつぶり、とりあえずはパートナーとなりましょうと
いう事だ。ミサイルが金に換わったからと言って、人類が幸せになるわけじゃあ無い!
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-18 22:44 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7011177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。