ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

アフリカの起死回生を期す


ニジェール・デルタの混乱解決に尽力を=武装勢力がG・クルーニー氏に促す
虐殺の地で中国に抗議デモ ダルフール問題で米女優

19日に国連平和大使に任命されたG・クルーニーですが、きっと「オーシャンズ」より
スリリングで価値ある仕事が待ってるでしょう。スーダンのダルフール問題は、中国政府
の軍事支援絡みと各国の利権が共存する場であり、ここでは人道なんぞは遥か天上の
世界であり、誰かが強烈な一石を投じ世界に知らしめる必要がある。この世にはメディアに
載らない悲惨な世界が数多あるという事を我々は知るべきだろう。喉元過ぎれば熱さ忘れる
のは人間だから仕方ありませんが、忘れたら誰かがその後を継いで伝えるべきである。
仏教徒であるリチャード・ギアはチベット問題に対する中国政府の姿勢を追求する
為に北京オリンピックボイコットを呼びかけ、中国から入国禁止を喰らってますが、
米国の映画は全世界がマーケットであり、俳優達も演技とは言え世界中の問題を様々な
角度から勉強しなければならない。その中で政治的な色に染まる場合もあるだろうが、
メッセージを伝えるのは俳優も政治家も同じだ。日本でも「硫黄島からの手紙」を機に
渡辺謙さんが若い世代に戦争を見つめ直してもらう活動をやってますが、最近は他の俳優
さんやタレントさんが社会活動をやってたりしてます。しかし欧米との差は歴然としており、
明らかに作品に反映されてますね。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-24 22:19 | 世界情勢