ブログトップ

スカイ・ハイ

harock.exblog.jp

一期一会

国境なき医師団


2007年 10の最も報道されなかった人道危機

「国境なき医師団」が、2007年に世界に報じられなかった10の人道危機を発表しました。
ここに人道危機ワースト10を引用しますが、詳細はサイトを御覧下さい。

   1)結核        新薬が試されないまま耐性結核が核大
   2)子供の栄養失調   RUF(栄養治療用補助食品)の活用で栄養失調を減らす
   3)コロンビア     紛争地域で危険とともに生活
   4)コンゴ民主共和国  東部で状況がますます悪化
   5)ジンバブエ     政治経済混乱で医療制度も崩壊
   6)スリランカ     内戦で民間人が戦火にさらされる
   7)ソマリア      危機に直面する避難民
   8)中央アフリカ共和国 武力衝突で苦境に至る一般市民
   9)チェチェン     人道危機はいまだ去らず
   10)ミャンマー     大幅に制限される人道援助

国境なき医師団の資金のほとんどは、個人寄付を中心とした民間からの資金援助で、
特定の団体や宗教などのしがらみがない分フットワークに優れる。
日本支部については、2006年の寄付金収入は20億448万円となってます。
病気や貧困は、相変わらずアフリカや中米やアジアの途上国に集中していますが、
文明の進化の情報は、どうしても先進国やアメリカ中心の偏ったものになってしまう。
日陰の実体は番組のスポンサーが付く付かないといった事情もあるでしょうが、
言論の自由を謳うメディアも積極的に伝えるわけではないから、個人が情報を知るには
寄付をするという事も一つの手法であります。
医療行為に必要以上の感情移入は無用だと思うが、内戦による現地の凄まじい状況に、
派遣される医師達は世界の二極化を実感している事でしょう。
日本では救急患者が病院をたらい回しにされる事例が増えていますが、病院側から
すれば、もし医師不足の時は目の前の患者さんを優先せざるを得ないと言う事になる。
医師としての原点を見つけるのに、国内より厳しい環境での海外赴任は絶好の機会と
かも知れません。と言うより本当に御苦労様です。
[PR]
by gyou-syun-u | 2008-01-27 21:14 | 世界情勢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://harock.exblog.jp/tb/7097009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。